グッド・ドーター 下
  • 最新刊

グッド・ドーター 下

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 980円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「スローター、絶対の買いだ」
【解説】文芸評論家:池上冬樹
「悲しく、辛く、どこまでも残酷――ラスト数行が心に突き刺さる」

血の惨劇から28年。今、明かされる衝撃の真実――

町に再び戦慄を走らせた乱射事件。
偶然その場に居合わせたシャーロットは、幼い子供が犠牲になり、銃を手にした十代の少女が逮捕されるところを目撃していた。
この町で少女の弁護を引き受けるのは父をおいてほかにいない。
またしても町中の怒りを向けられるなか、28年前に止まっていた歯車が動き始め、シャーロットはある決断を下す。
父と娘、被害者と加害者、それぞれの悲しい秘密とは――。

解説:池上冬樹

■好評発売中既刊
『開かれた瞳孔』
『彼女のかけら 上・下』
『プリティ・ガールズ 上・下』

〈ウィル・トレント〉シリーズ
『ハンティング 上・下』
『サイレント 上・下』
『血のペナルティ』
『罪人のカルマ』
『ブラック&ホワイト』
『贖いのリミット』
『破滅のループ』

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
掲載誌・レーベル
ハーパーBOOKS
ページ数
416ページ
電子版発売日
2020年09月17日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
1MB

グッド・ドーター 下 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    姉の生還・リハビリ
    とんでもない事よ
    もどかしくて・・・
    ヤキモキもしたけど
    なんて事でしょ
    もう~~~凄いです
    完璧!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月01日

     カリン・スローター作品で一番感情移入できた作品である。むしろそういうことをこの作家には期待してはいなかっただけに、これは驚きだ。面白さのための人間構築、常にストーリーのための対人葛藤の迷路を構築する建築学的な作家、とぼくは見ていたのだが、もしやそれは視野の狭い思い込みであったか。

     とは言うもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月30日

    ラスティ・クィンは売人や性的暴行犯、誘拐犯を弁護して大いに恨みをかっていた。家は放火され、別の家では覆面をかぶった男たちが妻を射殺し、娘たちサマンサとシャーロットをレイプしようとした・・・28年後、シャーロットは弁護士になっていた。夫とうまくいかず一夜を伴にした相手とスマホを間違えてしまったため、相...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    もたつく展開が気になっていたけど、下巻に入ってようやくつかめてきたのは、単なるミステリーではなく家族小説であること。悲劇に見舞われながらも、果敢に正義を貫いた父と最愛の母、2人の娘がその過去を乗り越えていく家族小説。そう考えると展開の遅さも納得できたし感動もした。でも、それにしても、名前がハリエット...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    カリン・スローター『グッド・ドーター 下』ハーパーBOOKS。

    悲劇に見舞われた家族の物語なのか、法廷ミステリーなのか判然としないストーリーはどこに向かうのか。主人公は弁護士なのに、何故か警察も法廷も舞台とはならず、非公式な場面でのみ事件捜査が進行する違和感。結末もありふれた感じで今一つ。ウィル・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

グッド・ドーター のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • グッド・ドーター 上
    880円(税込)
    28年前、弁護士一家を襲った残忍な殺人事件―― 生き残り、弁護士となった“良き娘”は再び悪夢を目撃する。 映像化決定! MWA賞受賞作家、渾身のサイコサスペンス。 アメリカ南部の小さな町で白人女性が殺され、容疑者の黒人青年を担当した弁護士の自宅が放火された。 家は全焼し、一家が引っ越した数日後、弁護士の留守中に二人組の男が家に押し入り妻を惨殺、十代の姉妹も襲われた――。 28年後、辛くも生き...
  • グッド・ドーター 下
    880円(税込)
    「スローター、絶対の買いだ」 【解説】文芸評論家:池上冬樹 「悲しく、辛く、どこまでも残酷――ラスト数行が心に突き刺さる」 血の惨劇から28年。今、明かされる衝撃の真実―― 町に再び戦慄を走らせた乱射事件。 偶然その場に居合わせたシャーロットは、幼い子供が犠牲になり、銃を手にした十代の少女が逮捕されるところを目撃していた。 この町で少女の弁護を引き受けるのは父をおいてほかにいない。 ま...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています