失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い ~ビターのちシュガー~

失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い ~ビターのちシュガー~

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

つらい失恋により体調を崩してしまった男子高生、沢渡悠。
そんな彼のもとに、理由もわからないまま険悪になっていた、隣の部屋の幼なじみ――白雪心愛が現れ、看病してくれることに。
「どうして急に俺の看病なんて――」
「迷惑でしたら帰りますが?」
その日以降、遠ざかっていた二人の距離は近付いていく。
彼女との触れ合いの中で、傷付いた心を癒やされていく悠。
やがて、心愛に心を惹かれるようになって――。
これは、恋を失ってしまった男の子と、ずっと片思いを続けていた幼なじみの、じれったくて甘くてちょっと切ない、そんな恋物語。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 講談社ラノベ文庫
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ラノベ文庫
ページ数
248ページ
電子版発売日
2020年09月30日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
18MB

失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い ~ビターのちシュガー~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    良かった!

    ねじじょq 2021年08月15日

    不覚にもぼろぼろに泣きました…

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    言うほど甘くない

    ななし 2021年07月17日

    甘くなるのは次巻以降なのでしょうか…
    初めのうちは単なる鈍感系主人公かと思ったが、それなりの理由があって、ヒロインの方にも事情があったりですんなり読めた。
    ただ女友達Kが何で仲良くなったかはさっぱり分からなかった。だいぶ不自然でしたが次巻以降で明かされるのでしょうか?

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    上手いからこそ辛口

    nanjyo 2020年10月02日

    良く有りがちなストーリーと展開のラノベではあるけど、
    作品を作るに当たっての能力は異常に高いと感じた。
    恐らくは、経歴が物語っている通りなんだとは思うけど、内容の奥深さを感じる。
    各々の登場人物の性格や個性なども解り易いし、かなり完成された形での作品かと。
    欲を言えば、前後談含めもっと掘り下げた内容...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    次巻が楽しみ

    2022年02月23日

    悠の復活立ち直り編なのか、悠と心愛の幼なじみからのラブラブ展開編なのか、一巻ではちょっと分かりにくかった気がします。そうはいっても、もしどちらかに偏っていたら、たぶん違う話になっていたような気がします。次巻がある前提で書き込んだ部分があったのでしょうか。蓬田先輩が亡くなった話で始まったため、ラブコメ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い ~ビターのちシュガー~
    つらい失恋により体調を崩してしまった男子高生、沢渡悠。 そんな彼のもとに、理由もわからないまま険悪になっていた、隣の部屋の幼なじみ――白雪心愛が現れ、看病してくれることに。 「どうして急に俺の看病なんて――」 「迷惑でしたら帰りますが?」 その日以降、遠ざかっていた二人の距離は近付いていく。 彼女との触れ合いの中で、傷付いた心を癒やされていく悠。 やがて、心愛に心を惹かれるようになって――。 これは、恋を失ってしまった男の子と、ずっと片思いを続けていた幼なじみの、じれったくて甘くてちょっと切ない、そんな恋物語。
  • 失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い2 ~七夕のち幻影~
    夏。衣替えも終え、近づく体育祭に沸き立つ学校。 悠と幼なじみの心愛との距離感は、相変わらずじれったいままだが、少しずつながらも、これまでより前に進むきざしを見せていた。 そんな夏のある日。悠は街で、かつて別れた――そして、なによりも大切な恋人だった先輩に、とてもよく似た少女と出会い……!? 「先、輩?」 「おにー、ちゃん?」 恋を失ってしまった男の子と、ずっと片思いを続けていた幼なじみの、じれったくて甘くてちょっと切ない、そんな恋物語――。 あの日の幻と想い出が、現在と交錯する第二弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社ラノベ文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング

失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い に関連する特集・キャンペーン