スニグラーチカの恋 ドロシーの指輪5

スニグラーチカの恋 ドロシーの指輪5

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

愛し合うのに時間なんか、関係ねぇよ

涼泉堂のお目付け役で年末年始を日光の老舗旅館で過ごすことになった緒方だが…。
お正月姫はじめ編!

涼泉堂の内藤に頼み込まれ、桂丸の監視役として年末年始を日光の老舗旅館で過ごすことになった緒方。年越しの財布は確保したものの厄介な役目に辟易していた緒方は、なんと特急内で三本木に遭遇。クリスマスの奇跡再びか? しかし実家に帰省する三本木には気軽に緒方のもとへ遊びに行けない理由があって…。近くにいるのに逢えない切なさを痛感する三本木。緒方の声を電話越しに聞きながら湧き上がった想いは…。

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
シャレード文庫
ページ数
274ページ
電子版発売日
2021年02月01日
サイズ(目安)
9MB

スニグラーチカの恋 ドロシーの指輪5 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年09月19日

    緒方さんが一番得した巻。
    三本木さんがあんなにけちになったのと、家庭環境はあまり関係なかったように思う。もともとの性格なのかな。
    とにかく、緒方さんは日光まで出かけるという移動があったものの、自分のお金を一切ださずに旅館に泊まれたし食事も食べたし、お正月には大好きな三本木さんと「姫はじめ」できたし。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    やっと、ラブラブになって参りました~!
    お気に入りのシリーズです。

    「ドロシーの指輪」シリーズ(2013年現在5冊刊)

    1.「ドロシーの指輪」
    2.「イゾルデの壺」
    3.「ヴィオレッタの微笑」
    4.「砂糖細工のマリア」
    5.「スニグラーチカの恋」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月16日

    三本木くんの家庭の謎が解けました!最強な兄たちですね(笑)あんな兄たちに囲まれて育ったからああなったとw緒方さんとの関係も、進展はしましたよね?(笑)やっぱり緒方さんといる時の三本木くんはかわいい!めちゃめちゃ甘えてるv早くもっとラブラブになっちゃえ(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月16日

    最終的にはBLは谷崎さんが読めればいいと思っているくらい好きな作家さん。もっと話題になってもいいと思うんだけどな。シリーズものが長いからかなー。

    このレビューは参考になりましたか?

ドロシーの指輪 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ドロシーの指輪
    770円(税込)
    「……させてくれ」 「いやです」 儲け話に目が眩んだ銀行員・三本木はまんまと名画の贋作を掴まされる。 それも自分自身を担保に資金調達をして。 彼に想いを寄せる骨董店の主・緒方は、三本木の貞操を守るため…… 甚平に無精髭がトレードマークの野性味溢れる男、緒方は老舗骨董店『尾形』の主。銀行員の三本木とは浅からぬ縁があり一線を越えた仲なのだが、その後はつれなくされる日々。ある日、緒方は画...
  • イゾルデの壺 ドロシーの指輪2
    …我慢させるお前が悪いんだぜ? 媚薬の壺の伝説が、またしても緒方と三本木を巻き込んで…。 つれない三本木を懐柔しようといじましいアプローチを続ける緒方。その緒方の祖父・梯を頼って女優・楓京子が持ち込んだ、中の水を口にしたとたんに恋に 落ちるという伝説を持つ媚薬の壺の存在が、またしても二人を騒動に巻き込む――。古美術の裏世界に深く関わる北白川に連れ出された緒方は、厄介を匂わせるとあ...
  • ヴィオレッタの微笑 ドロシーの指輪3
    …そんな顔するなよ 誘われてるみたいだ 守銭奴が珠に瑕、の銀行員・三本木への届ききらない想いに煩悶する緒方。そんな彼の気持ちをさらに焦らせる事件が──!? オペラ歌手として海外で成功をおさめた雨森の、日本初の凱旋公演『椿姫』に招待された緒方と三本木。プラチナチケットに目の色を変える三本木を横目に、緒方はこれまでの雨森の一連の行動を訝しんでいた。ところが、その雨森が三本木ととも...
  • 砂糖細工のマリア ドロシーの指輪4
    お前が満足するまで……何回でも抱いてやるから… 恋人たちのためにある聖なる夜が、報われない思いに耐えてきた緒方に祝福をもたらして!? 大前進(?)の第4巻! 年の瀬も相変わらずの貧乏暮らしとケチ生活を送る緒方と三本木。そんな二人のもとに高利貸しの嵯峨から、借金の形に持ち込まれたある茶碗の鑑定依頼が。茶碗を取り戻そうとするスイーツの超人気店のオーナーパティシエにケーキでほだされてし...
  • スニグラーチカの恋 ドロシーの指輪5
    愛し合うのに時間なんか、関係ねぇよ 涼泉堂のお目付け役で年末年始を日光の老舗旅館で過ごすことになった緒方だが…。 お正月姫はじめ編! 涼泉堂の内藤に頼み込まれ、桂丸の監視役として年末年始を日光の老舗旅館で過ごすことになった緒方。年越しの財布は確保したものの厄介な役目に辟易していた緒方は、なんと特急内で三本木に遭遇。クリスマスの奇跡再びか? しかし実家に帰省する三本木には気軽に緒...
  • メリザンドの泪 ドロシーの指輪6
    ……俺には…お前がいるって……思わせてくれ 栃木への異動話が持ち上がり動揺が隠しきれない三本木。一方緒方は「幻のフェルメール」を巡る悪巧みに巻き込まれ…。 実家のある栃木への異動話が持ち上がった三本木。想像もしなかった事態だが、日が経つに連れ緒方と離れ離れになるという事実に動揺が隠しきれない。一方「幻のフェルメール」を巡り、くせ者たちが緒方を利用しようと近づいてくる。中でも因縁の...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています