失せ物屋お百 首なしの怪

失せ物屋お百 首なしの怪

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「化け物長屋」に住む女・お百は、人には見えないものが見える青い左目を持つ。 三十路近くになった今では、すっかりひねくれ、開き直っており、不思議な目を使って「失せ物屋」を営んでいる。 青い目に宿った山神の鱗を取りに来た子狸・焦茶丸もすっかりいついてしまい、奇妙な「失せ物探し」に精を出す一人と一匹。 そこに子狐・真白がやってきて、お百の眼の鱗を奪おうとするのだが――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ文庫
ページ数
227ページ
電子版発売日
2020年09月04日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
2MB

失せ物屋お百 首なしの怪 のユーザーレビュー

    購入済み

    読みやすかったです

    kei 2020年09月12日

    登場人物が魅力的で読みやすいテンポのストーリーです
    サクサク読めるので 軽い読書にお勧めです
    面白かったですよ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

    不思議な目を持つお百。自分の思いのままに生きている感じ。どんな怪異に出会っても変わらない姿勢に、生きづらくないかと心配になる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    今回はスプラッタな展開が多かった(^◇^;)
    焦茶丸に上げ膳、据え膳状態のお百さんですが、今回の依頼は私は嫌だわ。
    新しく禿吉というキャラも増えた事ですし、次巻は明る目の依頼の話が読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています