「大人の引きこもり」 見えない息子と暮らした母親たち

「大人の引きこもり」 見えない息子と暮らした母親たち

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「同じ家に住んでいながら、10年間姿を見ることはありませんでした」
引きこもりの息子を持った8人の母親たちが語る闘いの記録

部屋に引きこもる中年の息子との長い地獄のような日々を経て、ようやくたどり着いた解決の道。8人の母親たちが初めて語った闘いの記録。「母親にできること、してはいけないことと」を母親たちが振り返る親子の再生物語。

ケース1「座敷牢のような部屋で10年間引きこもり」
ケース2「窓を開けて大声で怒鳴り散らして両親が家にいられなくなることも」
ケース3「高校生で登校拒否。13年間引きこもりに」
ケース4「アルバイトをしても続かない息子。部屋の壁に穴を開けることも」
ケース5「社交的で成績優秀な子が、まさかの引きこもりに」
ケース6「ゲーム依存症になり、大声を上げ、ご飯を食べなくなる」
ケース7「大学を出て就職後に突然失踪。戻ってきて引きこもった」
ケース8「夜間の仕事からうつ病を発症、7年間の引きこもり生活」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
232ページ
電子版発売日
2020年08月07日
紙の本の発売
2020年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

「大人の引きこもり」 見えない息子と暮らした母親たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月29日

    親も子も、葛藤ばかり、それでも上手くいかないことも。
    このエピソードに載らなかった人たちが、この何倍もいるのだろう。
    そう思うと辛い。社会的に、手を差し伸べなければ、と思うが、それを誰がするのか…

    いつ我が身に起こることかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています