海月館水葬夜話

海月館水葬夜話

682円 (税込)

3pt

3.7

遠田湊には「秘密」がある――。美しい海月の姿をした海神信仰の根付く穏やかな港町で、湊は司書として働いている。と同時に、幼なじみの凪と暮らす海月館で、家業を手伝ってもいる。死者たちの後悔を紐解き、海に還すのだ。今宵もまた、さまよえる魂がひとり――。それはやがて、静かな町で起きた凄惨な通り魔事件の暗部に繋がり!? 哀しくも優しい葬送のミステリー!

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

海月館水葬夜話 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    暗くて深い、青い海底。
    救いのような、呪いのような、約束。
    どんな形をしていても、自分が思うものであるならそれでいい。
    この一度きりで良い。

    海の底の地獄は、きっと優しい場所。

    雨が降るから晴れ空の美しさを知り、
    晴れ空があるから、雨の優しさを知る。

    春雨の朝のようなお話。

    0
    2021年03月21日

    Posted by ブクログ

    言葉で説明すると、結構暗めでホラーに近いミステリーで伝わるかもしれませんが、東堂さんの繊細で美しい文章・描写で怖さが緩和されたように感じました。

    全4章+αの連作短編集です。それぞれ海月館に訪問する死者がなぜ後悔の念に囚われているのか?
    主人公・湊が穏やかに解決していきます。
    読み進めていくと、湊

    0
    2020年07月26日

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    その町の人は海神様より命をいただき、死して海神様への元へと還る。
    そんな信仰がまだ根強く残る港町での死者との交流、と言っていいのか。
    未練があって海神様の元へ還れずにいる死者の後悔を晴らす手伝いをしている湊。
    ただその晴らす後悔の先には、容赦ない現実があって、なかなか心を抉ってくる。
    身内を裏切って

    0
    2020年08月01日

海月館水葬夜話 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

集英社オレンジ文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

作者のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す