壊れた世界の者たちよ

壊れた世界の者たちよ

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,420円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『このミステリーはすごい!』2020年度(宝島社)第3位『ザ・ボーダー』に並ぶ最高傑作!
復讐、正義、野望、喪失、裏切り、贖罪――
アメリカの「今」を活写した6篇を収録。
【解説】穂井田直美

「いま最も偉大な犯罪小説家」が活写する、アメリカの光と陰――

驚愕と感嘆、絶賛の声高し!
「驚き満載の玉手箱。ウィンズロウの多彩さが堪能できる上にテーマも深い」堂場瞬一(作家)
「市井の黙示録のような見事な一冊」田口俊樹(翻訳家)
「正義は最善ではない。本作が残酷で理不尽な物語か、自己犠牲の美談か、それは読者の正義感に委ねられる」丸山ゴンザレス(ジャーナリスト、第6話「ラスト・ライド」)

ニューオーリンズ市警最強の麻薬班を率いるジミーは、ある手入れの報復に弟を惨殺され復讐の鬼と化す――。壊れた魂の暴走を描く表題作はじめ、チンパンジーが銃を手に脱走する「サンディエゴ動物園」、保釈中に逃亡したかつてのヒーローを探偵ブーンが追う「サンセット」、映画原作『野蛮なやつら』の幼なじみトリオが引き起こす新たな騒動「パラダイス」など6篇を収録。犯罪小説の巨匠による傑作中篇集!

【収録作品】
壊れた世界の者たちよ
犯罪心得一の一(クライム101)
サンディエゴ動物園
サンセット
パラダイス――ベンとチョンとOの幕間的冒険
ラスト・ライド

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
掲載誌・レーベル
ハーパーBOOKS
ページ数
736ページ
電子版発売日
2020年07月17日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

壊れた世界の者たちよ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月04日

    ドン・ウィンズロウ初の中編小説集は、読み応えがあった。中編になるとなおさら、
    巧妙なプロットとしゃれたセリフが目立つ。過去の長編の登場人物たちが顔を見せ、後日談が語られるのもうれしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月07日

    6篇の珠玉の中篇。まさかこれだけの年月が経た後でニール・ケアリーに会えるなんて。ボビーZと再会できるとは。感涙の極み。生きていて良かった。本読みを続けていて良かった。至福の時間だった。
    どの作品もウィンズロウの世界。2020年のベストでありオールタイムベストです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月27日

    中編小説が6篇。
    どの話もそれぞれに面白く、ラストがどれも粋だ。
    そして常に自分の内なる善悪や正義を問われている気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月12日

    どれも面白かった。
    これがリアルなアメリカなのか。しみるなー。
    個人的にはサンディエゴ動物園が好きかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    生を受けてから波に乗ってきた。そのことから学んだのは波はどこにも連れてってくれず、必ず本当の自分のところに戻ってくるということだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    6編収録されている中編集。アメリカの問題、世界の問題を描いて怒りや悲しみとかたくさんの感情がある。なかなかどれが正しいとか決められないことも多くて、でも正しいことをやろうとした、やった人たちの想いが伝わってくる。これまでの作品に登場した人物たちも何人か出てくる作品があってそれも嬉しい。最近は大長編の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月29日

     分厚い熱気の塊のような長編小説を書き続ける日々の合間に、作家の中から零れ落ちそうになった別の物語たちを、この機会にきちんとした形で作品化させ、出版させるということになり、本書は登場したという。どこかで零れ落ちそうになっていたこれらの物語を今、6つの中編小説というかたちで読める幸せをぼくは感じる。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月21日

    ドン・ウィンズロウ『壊れた世界の者たちよ』ハーパーBOOKS。

    ドン・ウィンズロウの新作は、なんと700ページにも及ぶ大ボリュームの6編収録の中編集。

    ドン・ウィンズロウ作品の集大成とも言える、いずれも過去の傑作を彷彿とさせるような重厚で読み応えのある作品ばかりが収録されており、ウィンズロウのフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    犬の力から始まるメキシコ麻薬戦争3部作しか読んでないので、サンディエゴを舞台にした3作品は意外だったな。こういうゆったりとした作品もあったのか。。。
    解説を読むと関連作品が多くあるみたいなので少しずつ手を出してみよう。
    でも一番好きなのは表題作かな。もうめちゃくちゃなんだけど狂気に触れさせてくれる、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています