貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか

貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

新型コロナウイルスの感染拡大で危機に直面する日本経済。政府の経済対策は諸外国と比べて貧弱で、日本の国力の低下ぶりを露呈した。実は、欧米だけでなくアジア諸国と比較しても、日本は賃金も物価も低水準。訪日外国人が増えたのも安いもの目当て、日本が貧しくて「安い国」になっていたからだ。さらに近年は、企業の競争力ほか多方面で国際的な地位も低下していた。新型コロナショックの追い打ちで、いまや先進国としての地位も危うい日本。国は、個人は、何をすべきか? データで示す衝撃の現実と生き残りのための提言。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2020年05月28日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月02日

    低い生産性を補う長時間労働。
    ワークライフバランスと程遠い労働。
    日本が転落したのでなく世界の国々が成長したのである。
    海外に出稼ぎに行き、病気になったら死んでいく国にそのうちなるのだろうなと思いました。
    日本が変わるとは思わないので、早いうちに社会保障を削って残りの体力温存に努めて衰退速度を遅くし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月06日

    ここ10年ほど海外生活をした私にとっての
    日本や日本人の驕りは何処から来るのだろうか
    そんな疑問のひとつの答えを教えてもらえた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月02日

     日本以外の国の給料は上がっているのに、日本人の給与は30年間も上がっていないので、日本の相対的貧困率はトップクラスになっている。多くの若者は、生活ギリギリの低賃金で預金する余裕なんてない。日本の年金も先進諸国では最低の水準なのに、負担は増加するばかりで、給付は引き下げに。
     ところが日本人だけは自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月13日

    薄々は気付いていたんだけどね。
    いつかはバルセロナで暮らしたい!なんて事は無理なんだよね。バルセロナどころか、セブ島も無理だな。

    種子島にしようかな

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    穏やかな評論で好感が持てる

    yoshi 2020年11月10日

    加谷珪一さんの語り口はデータに基づく淡々とした口調でとても読みやすかった。
    一点、「金融緩和の副作用はハイパーインフレでは無く、金利の上昇による利払いで税収が吸い取られ財政政策の選択肢が狭まること」という部分をもう少し掘り下げてほしかった。
    たとえば上念司さんが提唱する「政府が100年国債を発行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    この本の内容はバランスが取れた視座に立脚しており、その指摘は正しい。
    個人のサバイバルのためにもこの本を正しく理解すべき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    大いなる警告の書。

    日本がいかに「安い国」になっていて、それにより社会、教育、年金、物価の低迷、貧困化が進行しているかをOECDのデータ等から説明し、その原因と対処法を解説している。

    中でも日本はもはやモノ作りで稼ぐ国ではなくなっているので、国内消費と投資で経済を再興させるべき、企業の稼ぐ力を復...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月25日

    この本は日本人にとって過激な内容が次から次への紹介されていく。途中で「著者は日本に対して文句を行っているのかな?」と思うくらいだ。しかし、読み勧めていくと「日本人はゆでガエル状態になっているので、もっと世界に目を向け、現実を見て対応して行こうではないか!」と訴えているように思えてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    著者に書かれていることはおおよそ理解、共感できるものでした。日本はもはや成長を持続する先進国ではない、だからこそ認識を変えて生きていく覚悟が必要だと考えさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月15日

    もしかして、日本は三流国なのか?という漠然とした不安が、エビデンスを並べて証明された感じ。
    残念?ではなくて、むしろ、スッキリ。現実を知ることからしか何も始まらないのだと思う。日本ステキ!すばらしい、と誤魔化しても、どんどん時は刻まれていくのだから。
    私の年収、ヨーロッパでは低所得になるの?それは流...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています