2000年前からローマの哲人は知っていた 死ぬときに後悔しない方法

2000年前からローマの哲人は知っていた 死ぬときに後悔しない方法

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

<哲人に学ぶ「人類の知恵」シリーズ>

★2000年読み継がれてきた「死」と向き合うための必読書!

もし、明日で人生が終わるとしたらーー
あなたは何を後悔しますか?

「あれをやっておきたかった」
「これをやっておけばよかった……」

1つでも思い当たるものがあれば、
まさに今が、本書を手に取るベストタイミングかもしれません。

病気や事故、老い、天災、突然の不幸……
この世に生を受けた瞬間から、
すべての人に約束されているもの。
それが「死」。

いつ訪れるか誰にもわからない「その時」に
戸惑いや恐れ、不安を感じるのは、
いつの時代においても共通の悩みです。

およそ2000年にわたり、
古今東西の悩める人たちを「死」への恐怖から救ってきた
古代の哲人セネカによる必読の書。

自らも若い時から重い病に苦しみ、
時には自殺までも考えながら、
生涯を通じて「死」と向き合い続けた
セネカだからこそ語ることのできる、
「二度とない人生」を生き抜くための秘訣とは?

哲学書とは思えない読みやすさで、
「死」を通じて「生」にまでも
考えるきっかけを与えてくれる1冊です。

●「死」とは何か?
●死への恐怖はどこから来るのか?
●死への恐れとの向き合い方
●本当の「長生き」とは何か?
●最もよい死に方とは何か?
●身近な人の死とどう向き合うか?
●いつか必ず訪れる最期の時を穏やかに迎えるために

尊厳死や自殺など、現代にも通じるトピックにも触れながら、
「死」にまつわる様々な悩みに真正面から切り込む、渾身の一作!

(目次より)
■第1巻 心構えをする
 ・死は滅びではなく、一種の「変化」である
・生涯病に苦しんだセネカにとっての病、そして死
 ・人生の最期の時を穏やかに迎えるための心得
■第2巻 恐れを手放す
 ・よい死に方を考えることは、よい生き方を考えること
 ・死は本当に恐ろしく苦しいものなのか?
 ・死への恐怖に立ち向かう方法
■第3巻 未練を残さない
 ・本当の「長生き」とは何か?
 ・「死」以外に確実な未来などひとつもない
 ・死をどう受け止めるかは、一日一日をどう生きるかにかかっている
■第4巻 苦しみを断ち切る
 ・死は神々が人間に平等に与えた最たるもの
 ・最もよい死に方とは何か?
 ・死への覚悟は決して無駄にならない
■第5巻 宇宙の視点から考える
 ・万物は移ろい過ぎ去ってゆく
 ・いつも死を忘るるなかれ
 ・死の恐怖を取り除く一番の方法

■エピローグ 自分の哲学を貫いて死ぬ

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
文響社
ページ数
176ページ
電子版発売日
2020年06月04日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

2000年前からローマの哲人は知っていた 死ぬときに後悔しない方法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています