国家の命運

国家の命運

作者名 :
通常価格 648円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

国益を背負う外交の現場とは、いかなるものなのか。世界という視座から見た日本は今、どういう国なのか。戦後最大の経済交渉となった日米構造協議の内実、にわかに台頭する中国の外交スタンス、独裁国家北朝鮮との話し合いの難しさ、先進国サミットの裏側……四十年余の外交官生活をふり返りながら、衰えゆく日本の国勢を転回させるための針路を提示する。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
188ページ
電子版発売日
2011年04月15日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2012年02月26日

六カ国協議の日本代表をとりまとめたアジア大洋州局長であり,最終的には外務事務次官であった藪中氏。
その外交の実質トップが退任してすぐに書く外交の本なのだから,おもしろくないはずがない。
普段,「外務省は・・・」と否定的に捉えることが多かったが,その外務省が実はどのように活躍していたか,活躍していなか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています