数奇にして模型 NUMERICAL MODELS

数奇にして模型 NUMERICAL MODELS

作者名 :
通常価格 1,122円 (1,020円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

模型交換会会場の公会堂でモデル女性の死体が発見された。死体の首は切断されており、発見された部屋は密室状態。同じ密室内で昏倒していた大学院生・寺林高司に嫌疑がかけられたが、彼は同じ頃にM工業大で起こった女子大学院生密室殺人の容疑者でもあった。複雑に絡まった謎に犀川・西之園師弟が挑む。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
720ページ
電子版発売日
2011年07月08日
紙の本の発売
2001年07月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

数奇にして模型 NUMERICAL MODELS のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    S&Mシリーズの第9弾。
    やっぱ、好きだな。このシリーズ。

    約20年前の小説だけど、色あせないよね。
    また、書かれている内容が濃い。

    こういっちゃなんだけど、最近の森先生の作品よりもこのころの方が内容が濃くて、深い文章が一冊にたくさん入っている。(もちろん、最近の小説が浅いとは言っていませんよ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月02日

    シリーズ9作目。
    すっごいすっごい面白かった!
    読むのがとまりませんでした。
    中盤までですっかり紀世都さんと金子くんの大ファンになりました。
    でも相変わらず犀川先生素敵。きゅん。
    難解だけど一番好きかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月05日

    好きにしてもOK。
    やっぱり駄洒落。

    異常って何なんだろう…というより正常って何??

    5年ぐらい前にそんなこと考えてたなぁと懐かしくなりました。

    火曜日の国枝先生の解釈が面白かったけど難しかったです。

    最後の一行まで面白い一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月16日

    哲学的なこといっぱい書いてあったのに早く先に進みたいという気持ちが強すぎて読み終わった頃には結構忘れちゃってた
    萌絵の頭の中で考えていることがとても好き
    珍しいエピローグも疑問が残る終わり方だったけど◎

    読むの時間かかったけど面白かった〜シリーズが終わるにつれて最初は気が重かった分厚さがうれしく感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月15日

    長かったけど、あっという間だった。面白かった〜!犯人、見事に外れてて、再読とは?ってなった。
    初っ端から明日香さんが首なしで出てくるから、同じ名前としては少し複雑…って、多分高校生の時も思ったはず。
    最後の犀川先生かっこいいよ〜!金子くんも、かっこいいしめちゃくちゃいい奴だよな。洋子もラヴちゃんも面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月14日

    S&Mシリーズ第9弾。

    事件そのものと、展開のスピード感はこれまでで群を抜いて面白い。「今はもうない」が叙情的にシリーズ1番なら、この作品は論理的に1番面白い。
    萌絵の従兄であり犀川の高校の同級生である大御坊安朋のキャラが特に際立ち、喜多助教授と犀川研の金子勇二が大活躍して、国枝助手も相変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月14日

    再読。今作は全く覚えていなかった。読んでいる途中で「ああ、こんなシーンが確かにあったな」と思える箇所が所々にあるぐらいで犯人もトリックも動機も綺麗さっぱり忘れていた。改めて読んでみて今作の犯人は今までのS&Mシリーズの犯人の中でも色んな意味で一番ぶっ飛んでるように感じられた。論理的なのか非論理的なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月17日

    本作品がシリーズ9作品目となる!
    今回のテーマは模型と異常

    模型交換会なる文化があった事を始めて知った!(コミケみたいなもの?)


    国枝助手が結構喋ります。大御坊なる新キャラ登場!浜中君も登場するがあまり出番なし。


    西之園さんは少し他人にかける迷惑を省みるべき!





    しかし、そんな心配...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月26日

    長かった…
    まあいつも通り面白かった。
    けど結局そこかーい。的な感じやったかな。まあしょーがない。
    なんでこんな長かったんやろ。
    犀川先生は相変わらず(今回はだいぶ激しめに)戦ってた。
    なんかここへ来てというか、サイコキラー?的な、感じの話で
    動機がきっちり描かれないというようなこのシリーズの言われ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月28日

    とある模型展示会で、一人の女性が首を切られて殺害される。部屋は密室状態で、内部には後頭部を打撃され気絶された男性も発見される。おりしも、その男性が在学している大学の研究室で、女性が絞殺されて発見された。こちらも密室状態である。犯人は事件現場に倒れていた男性が犯人だと思われたが、犯人と思わしき人物が挙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

数奇にして模型 NUMERICAL MODELS に関連する特集・キャンペーン