投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識

投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

《本書は、私の投資哲学の声明文である》
《私の狙いは、読者がこれまでに触れたためしのない投資に関するアイデアや思考方法を伝えることにある》
●どうしたら投資リスクを限定できるのか
●コンセンサスと別の見方をする理由とは
●市場環境が芳しくないときに、損失を最小限に抑えるには
●絶好の投資機会を見つける逆張りの考え方とは
●ミスプライシングが起こりやすい非効率市場を見つけるには
●マーケット・リターンを上回る「成功する投資」を達成するには

■バフェット大絶賛!
「極めて稀に見る、実益のある本」――バフェットも大絶賛。バフェットは著者に対し「君が本を書くなら、必ず推薦文を寄せる」と日頃から本の執筆を促していたそうです。出来上がった本書をバフェットは大変に気に入り、バークシャー・ハザウェイの株主総会で配布したほどです。

■成功する投資哲学とは?
本書は成功した投資家が教える投資のノウハウ本ではありません。著者が強調するのは投資の難しさです。しかし、その難しい投資の世界で市場に40年以上にわたって勝ち続けてきた著者が語る哲学に満ちた本書は、投資の基本書として古典となりうる珠玉の名言に溢れています。市場の見方、リスクの捉え方、市場コンセンサスとは別の見方をする「逆張りの思考法」、ミスプライシングが起こる非効率市場の見つけ方など、根本的かつ重要な投資哲学が1冊に!

■著者は巨大ファンドの創業者
著者が創業したオークツリー・キャピタルは、運用資産残高が約800億ドル(約6.2兆円)にのぼる巨大ファンドを運用し、高利回り債(ハイイールド債)と不良債権(ディストレスト・デット)への投資を得意とする著名投資会社です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
320ページ
電子版発売日
2020年05月11日
紙の本の発売
2012年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年02月19日

    以下、感想と気になったことを記載。
    ☆はじめに

    ①投資を考えるにあたって重要なのはリスクコントロールである。リスクテイクと比べたリターンという概念が大事である。

    ②最も大きな教訓が得られるのは失敗したときである。自分の身に起こった失敗から学んだうえで得られた経験が何よりも尊い。

    ❶二時的思考を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月24日

    ・市場を上回るパフォーマンスをあげるには、好況期に市場と同じ、不況期に市場を上回るパフォーマンスを出す
    ・リターンが2倍になっても、リスクが2倍になったらそれは市場を上回るとは言えない、リスク調整後リターンが重要
    ・熱狂と恐怖の2つの感情は、本質的価値からの大幅な乖離をもたらす、そこでトレードする
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

    優れた投資家が市場の動きの中でどう振る舞うのか、投資家マス層の心理との対比をなぞらえて学ぶことができる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月16日

    【結果】
    投資実績アップ。
    株価が気にならなくなり、仕事に集中できるようになった。

    【所感】
    名著。恐れ多くて、書くか悩みました。
    投資を始めたばかりの頃、自分がよくやったミスを正してもらったと思っています。例えば…

    ・株価上昇に乗り遅れまいとリスクを精査せず、流行り株の高値に飛びついてしまう
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    リスク

    y 2020年06月23日

    投資で大事なことはリスク管理をいかにするかということを学べました!他にも経済状態を観察し、投資対象を決めるのではなく、その企業がどのような状態にあるかをしっかりと見極め、判断することの大切さを学べました。
    何回も読み返して復習したい本です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月11日

    名著。
    株式投資をする方(特にファンダメンタル派)は、ぜひ読むべき1冊。
    特にリーマンショックのような本格的な調整局面を経験した方が読むと、書いてある内容が深く理解できると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月22日

    株式に限らず投資運用を考えている人には必見書

    本著はあくまで投資哲学であり、具体的なテクニカル指南のようなものはない。

    投資を行う際、ただやみくもに投資をしているだけでは損失を出したり、思ったように収益を享受できなかったりすることが多いだろう

    本著では、投資に向き合う上で必要不可欠な要素を20...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月16日

    雰囲気で資産運用を始めて半年が経ち、そろそろ投資に関する本を読もうと思い始めた。
    「ウォーレン・バフェットがオススメする投資本」みたいなリストをネットで見かけたんだけど、その中でも手に取りやすそうな本書をまず購入してみた次第。

    「20の教え」というタイトルからはライトでポップな内容を想像していたの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年08月13日

    良書。
    10年前の本だから、運用関係者には金融危機の余韻がまだ文章にも強く出ている。
    でも、人間の欲深さは相変わらずで、ただいま再度バブルの後始末中ですね。

    風船から空気が出ていくスピードは、風船の中に空気が入るスピードよりもかなり速い。P141

    環境に左右されずに戦略や戦術に関する決断が下せる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月03日

    難しい本を想像していたけど意外と読みやすかった。
    投資は科学ではなくアートだ、というのは言い得て妙である。
    この本では繰り返し、本来価値よりも安い値段で買うことを投資の成功と定義付けている。
    また、リスクがないと思い込んでいるのが一番のリスクというのは投資に限らず生活全般に言えることだと思う。
    公務...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

日本経済新聞出版 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング