ハーフの子供たち

ハーフの子供たち

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

その肉声から社会の深淵をのぞく。

6人の日比ハーフたちのインタビューを通じて、
国際結婚の内情、家族の肖像を描き出す出色ルポ。
『全裸監督』原作者、最新作!

第一章 キットカットの少女
第二章 モリンガ姉妹
第三章 孤独を友にする青年
第四章 雨を待つ女
第五章 微笑のボクサー
終章 六人のそれから…そして

「八〇年代、アジア各国から日本に働きにやってくる女性たちは、
ジャパゆきさんと呼ばれその多くが劣悪な環境で働かされた。
日本人男性とのあいだに生まれた日比ハーフたちの多くは、
貧困やネグレクトと無縁ではなかった。日本の男たちを虜にしてきた
フィリピン人女性とのあいだに生まれた日比ハーフたちは、
どんな生き方をしているのだろう。」(本文より)

本橋信宏が新たなタブーに挑む!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2020年05月08日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
3MB

ハーフの子供たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月25日

    『全裸監督』の著者による、日本人男性とフィリピン人女性の間に生まれたハーフの子どもたちの生き方を辿るルポ。
    特にこの分野に興味があった訳ではないのですが、著者の作品を一度読んでみよう、と思い、割と新しめの本著をチョイスしてみました。

    本著を読んでいて思ったのが、著者の描き方。
    取材対象を徹底的に深...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング