全裸監督 村西とおる伝

全裸監督 村西とおる伝

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人生、死んでしまいたいときには下を見ろ! おれがいる。
前科7犯。借金50億。米国司法当局から懲役370年求刑。奇跡の男か、稀代の大ボラ吹きか。“AVの帝王”と呼ばれた裸の男の半生(ノンフィクション)。
日本経済に必要なのは、村西とおるが手放さない生への希望である。
資本主義は死の絶望と生の希望を両輪とする経済システムであり、多くの人が死の絶望に怯えるとデフレになる。甦るには、村西とおるが手放さない生への希望こそが必要だ。
バブル期に消費資本主義を支配するには流通を制覇するコングロマリットこそ必要と考えた西武百貨店の堤清二とアダルトビデオの村西とおるは、経営破綻後も特異な言語表現を手放さない陽と陰の双生児だった。(松原隆一郎・東京大学大学院教授)
村西とおる、本名・草野博美。工業高校卒業後上京。どんな相手でも陥落させる応酬話法によって、英会話教材販売売り上げで日本一達成(1つ目の日本一)。インベーダーゲームのブームに乗り、ゲーム機設置販売で財を成す。ビニ本と裏本の制作・販売業に転じ、業界日本一になる(2つ目の日本一)。指名手配され逮捕。再起を図ってAV監督になり、“駅弁”“顔面シャワー”など次々と新機軸を考案。ハワイで撮影中にFBI合同捜査チームに逮捕され懲役370年を求刑される。黒木香主演「SMぽいの好き」でみずから相手を務めて、“AVの帝王”と呼ばれ、業界日本一に(3つ目の日本一)。ジャニーズ事務所に喧嘩を売り、元フォーリーブス・北公次復活をプロデュース。事業拡大に失敗、50億円の債務を負う。前科7犯。無一文になりながら専属だったAV女優と再婚、長男をお受験の最難関小学校に合格させた。そのどれもが実話である。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
太田出版
ページ数
712ページ
電子版発売日
2017年03月10日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
23MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

村西とおるの印象は学生の頃「パンツ一丁」でテレビに出てルー大柴と丁寧語をミックスしたようなしゃべり方をするをするよくわからない職業の人という印象である。後ほど職業を知って唖然としたのだが・・・読んでみての感想は狂気に満ちた毎日爆弾が落ちてくる人生でよく生きていられるなという印象。前科七犯でも懲りず借金50億作っても懲りず突き進む。生きているという実感のために狂気を発しながら生きるという印象です。そしてこの本を読んでもうひとつ気になったのがあの頃テレビにやたら出ていた黒木香嬢・・・当時インテリでお育ち良さそうな人がなんでこんなことをしているのだろうと思ったのをよく覚えてます。彼女が今も無事であることを願うばかりである。本の帯に「人生、死んでしまいたいときには、下を見ろ! おれがいる」とありますが少しでも悩みがある人におすすめの1冊です。「狂気」と「熱量」と「いかがわしさ」で少しは「ナイス」な気分になれます。

全裸監督 村西とおる伝 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月21日

    「全裸監督」は、村西とおる監督の評伝であるのと同時に、ビニ本・裏本・AV時代の貴重な記録でもあると思いました。登場人物はいずれもクセの強い「悪人」ばかりに見えるけど、誰にも増して「純粋」なのかもしれない。何よりも、ひとつの時代を作った男たちの「狂気」と「真摯な熱」のようなものを感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    懐かしい名前がたくさんでてきて楽しかった。
    笑える話と思っていたらとんでもない、泣けてきた。
    すごい監督だわ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月24日

    かなりボリュームがあり、途中飽きもするがとてつもなく面白い展開(実話)もあり、気づけば最後まで読んだ。現在、用いられている様々な用語・手法のルーツが村西とおるにあることを知った。Netflixの内容は本書と異なる部分も大いにあるが、それはそれで面白くまとめられているのでNetflixもオススメ。ナイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月09日

    【あのね。真剣に生きている人間の姿は端から見るとおかしいもんだよ】(文中より引用)

    性界のトップを極め、AVの帝王として知られる村西とおる。バブルの崩壊と共に借金50億をこしらえ、アメリカでは懲役370年を求刑されながらも、ほとばしる情熱と生命力で生きに生き抜いてきた男の半生をたどる作品です。著者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

    ある日、宮坂社長から「お前、これ読んだかー?最高だぞー」と言われて借りた本。確かにこんなに元気が出て、こんなにホロリと来る評伝も珍しい。そこはかとなく味わい深い。

    個人的に日本は、格闘技とエロと釣りのレベルが世界的に見ても最高だと思っているが、これは、エロの中でもAVという特大ジャンルの文法や所作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月28日

    ビジネスを起こす人には、起業家と産業家がある。産業家とはその産業そのものをおこした人で、その産業のなかで起業家は起業をしていく。
    スノーボードの世界のジェイクバートン、ECの三木谷さん、コンビニの鈴木敏元会長、自動車のフォード、電気自動車のEマスク、などが産業家といえるだろう。
    そして村西とおるは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月29日

    22.30.01.09.タマフルより。舞台が北海道だったりもあり楽しく読めた。この人も直感を大事にするタイプみたい。子供と接する時間が長いとやはり成長は加速するのだろうか。ナイスです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月24日

    「村西とおる」という人を知っている世代には、その人と同じ時代を生きたことを誇らしく思える厚い本である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月17日

    村西とおるのすごさももちろんだが、彼がその発展に大きく貢献した日本のAV業界の特異性に関する記述は非常に興味深かった。性欲は人間の生活に最も身近なものの一つであるにもかかわらず、公に語ることが基本的にタブーとされていることであるが、そのトピックに関してここまで真摯に向き合った本書は大いに価値があると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月24日

    80年代から90年代初頭に一世を風靡して、借金50億を作りながらも今なお現役で活躍する村西とおるの伝記。

    当然ながら清濁併せ持つ人物だが、その転んでもただでは起きないバイタリティが、現代の我々に足りないものなのかもしれないと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

全裸監督 村西とおる伝 に関連する特集・キャンペーン