読書嫌いのための図書室案内

読書嫌いのための図書室案内

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

読書が嫌いな高校二年生の荒坂浩二は、ひょんなことから廃刊久しい図書新聞の再刊を任される。本好き女子の藤生蛍とともに紙面に載せる読書感想文の執筆を依頼し始めた浩二だったが、同級生の八重樫、美術部の緑川先輩、生物の樋崎先生から、執筆と引き換えに不可解な条件を提示されてしまう。その理由を探る浩二と蛍はやがて、三人の秘めた想いや昔学校で起きた自殺事件に直面し……本をめぐる高校生たちの青春と秘密の物語

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
304ページ
電子版発売日
2020年04月16日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

読書嫌いのための図書室案内 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月09日

    とてもおもしろかった!
    学園・青春・ミステリー等の要素、読みやすい文章、起伏のある展開。とても良いバランスでミックスされていて、自然とページが進みました。

    これでまとまってると思いつつ、"そこ"が分かった上での続きなりサイドストーリーなりが読んでみたいなという気持ちにもなってた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    僕こと荒坂浩二は、消去法で選んだ図書委員になり、委員会の自己紹介で、「好きな本はありません」と一人だけ書名を答えなかったことから、司書の河合先生から逆に適任とされ、図書新聞の編集委員に任命されてしまいます。
    同じ二年六組のものすごい読書家の藤生蛍も一緒に任命されます。

    趣旨は「読書をしない荒坂君に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    もう一度読もう。読みたい。
    文学の読み方なんてわからやかったけど、初めて物語を「おもしろい」かもと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月26日

    読書感想文書くのめっちゃ苦手だったけど、感想は人それぞれで、受け取り方も人それぞれで、気になる所も人それぞれで、正解は無いんだな、と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    タイトル通り活字嫌いの私でもさくさく読めた
    ライトノベルよりの文章で読みやすく物語の中で読みたいと思える本をいくつか発見できるので読書初心者の方におすすめ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    タイトルに惹かれて、読んだ。

    読書嫌いな荒坂と読書大好きな藤生。
    対極にいる2人が関わり合っているのが新鮮でした。

    読んでいる途中で荒坂の視覚感覚に「??」って
    なりながら読んでたらラストの場面で伏線回収
    されていて納得。

    いろんな本の名前が出てきて楽しかった。
    高校生で安部公房は渋い………
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月20日

    読んだ事のない著者、ライトノベルっぽい装丁。チョット腰が引けたけれど、このところ動画配信に捕まって読書量が著しく落ちていたので、もしかしたら何かヒントをもらえるかと読んでみた。
    読書ってなんだ、何のために読むのだ?
    私も時折そんな事を思う。
    タレントで読書家として有名な男性が亡くなったとき、いったい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    面白かった!人がどんなの本の読み方(頭の中で音読してるか、実写かアニメかなど)をしてるか考えたことなかったし、文章にない部分を勝手に解釈するのも当たり前だと思ってたし、目から鱗だった。(楽譜の読み方や音の取り方はたまに話題になるが人それぞれで大変興味深い。読書も同じだったのね!)
    読書嫌いなわりに、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月18日

    物語は予言書であり参考書である、という見方が面白かった。
    読書感想文を思わず書きたくなる、そんなお話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月12日

     場面場面で色々想像しながら読むのが読書の楽しい所ですよね。
     彼らのその後の話がまた読めたらいいな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています