夜回り先生 水谷修が見た公明党

夜回り先生 水谷修が見た公明党

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

小さな声を聴く力──。夜回り先生・水谷修と公明党との出会いが、やがて国を動かし、さまざまな変革へと前進していった。「ドラッグ問題」「不登校・ひきこもり問題」「児童虐待問題」「心の病問題」「青少年の非行・犯罪問題」「教育問題」「貧困問題」「災害対策問題」など、地道な作業の積み重ねを公明党議員と行ってきた著者が、見たままの姿を語る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
第三文明社
ページ数
184ページ
電子版発売日
2020年04月20日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
3MB

夜回り先生 水谷修が見た公明党 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月26日

    ■福祉と教育の公明党
    ■「児童手当」は1968年に千葉県市川市と新潟県三条市で公明党市議たちの努力により自治体独自の制度としてスタートしたことが発端でその年のうちに公明党が国会に「児童手当法案」を提出し、1972年には国の制度としての児童手当が実現した。
    ■小さな声を、聴く力。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    夜回り先生の心に感動しました

    あやこ 2020年06月10日

    夜回り先生こと水谷修さんは、社会から見放された若者たちに、長年優しい声をかけ続けてくださっていました。これからも公明党の議員と共に力を合わせて、未来ある若者たちに希望を与えてほしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    学会員から折伏を受けたこともあるので複雑な気持ちで夜回り先生と公明党の関係を見ていたが先生の偽らざる想いがわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング