SとN 1【単話売】
  • 完結

SとN 1【単話売】

作者名 :
通常価格 165円 (150円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「一年の瀬戸口です。好きです、付き合ってください」 高校三年、平穏無事に学校生活を送ってきた名取は、ある日突然見知らぬ後輩・瀬戸口からloveの意味での告白をされる。当然丁重にお断りをさせていただくものの、その日以降ゆるやかな猛アタックがはじまったー…。事あるごとに目の前にふらりと現れる瀬戸口と追いかけっこの日々を送っていたが、名取の我慢はピークに達し面と向かって容赦のない一喝を入れてしまう。これで平穏な日々が戻ってくるかと思いきや…なんかコイツ、目がハートなんですけど!?!??!!?

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
ジュリアンパブリッシング
掲載誌・レーベル
G-Lish
ページ数
32ページ
電子版発売日
2020年04月02日
サイズ(目安)
15MB

関連タグ:

SとN 1【単話売】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    新作まってましたー!

    あい 2020年04月02日

    この作者さんの等身大の高校生っぽさが好き!
    はやく合版出てほしい。それまで単話購入は待ちます。待てるかなー
    まだ読んでないので評価は仮だけど、きっと好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

SとN のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • SとN 1【単話売】
    完結
    165円(税込)
    「一年の瀬戸口です。好きです、付き合ってください」 高校三年、平穏無事に学校生活を送ってきた名取は、ある日突然見知らぬ後輩・瀬戸口からloveの意味での告白をされる。当然丁重にお断りをさせていただくものの、その日以降ゆるやかな猛アタックがはじまったー…。事あるごとに目の前にふらりと現れる瀬戸口と追いかけっこの日々を送っていたが、名取の我慢はピークに達し面と向かって容赦のない一喝を...
  • SとN 2【単話売】
    完結
    165円(税込)
    後輩・瀬戸口から一方的な愛の告白をされ逃げ回っていた名取だったが、どれだけ手厳しく突っぱねてもノーダメージな瀬戸口にタジタジ。その上、諦める気はさらさらないと笑顔で断言され、ゆるやかに退路を立たれてしまう。まだまだ頭を悩ませる日々が続くことにげんなり中の名取に追い打ちをかけるかのように、休日弟たちの付き添いで動物園に連行される道すがら、瀬戸口とエンカウントしてしまい!? 強制デ...
  • SとN 3【単話売】
    完結
    165円(税込)
    今日も今日とて後輩・瀬戸口から元気に狙われている名取だったが、その状況に慣れつつある自分がいることに頭を抱えていた。このままではいけない!と気を引き締めて警戒態勢を取っていたところ、とある条件を満たせば瀬戸口からの接触を回避することができることに気づく。これで晴れて自由の身!と気を緩めたその瞬間、瀬戸口に強引に空き教室に連れ込まれて…!? 鬼ポジティブな陽キャ後輩×押しに弱い毒舌...
  • SとN 4【単話売】
    完結
    220円(税込)
    雨の日、自分の代わりにずぶ濡れになった瀬戸口を渋々ながらも家にあげた名取だが、いつになく静かでどこか雰囲気の違う瀬戸口に「名取さんのことをもっと知りたい」と、真摯な目で訴えかけられいつもの調子が出ずに強く拒絶ができずにいた。弟妹の乱入でことなきを得たものの、名取の気持ちは少しずつ変化を見せていた。そんなとき、休日に瀬戸口が可愛らしい女の子と一緒にいるところを見かけてしまい…?...
  • SとN 5【単話売】
    完結
    165円(税込)
    新学期、ようやく名取に会えると喜びいっぱいで駆け寄っていく瀬戸口だが、名取から冷たく突き放されてしまう。休み前は警戒されつつも徐々に心を開いてくれていたように思っていただけに、突然の態度の変化に困惑する瀬戸口。弁解のタイミングもなく文化祭の準備期間に入り、またもやすれ違いの日々を過ごすことになってしまう。一方の名取も気まぐれに言い寄られ、だけど強く拒否できずにいた後輩からよ...
  • SとN 6【単話売】
    完結
    220円(税込)
    夏休み中、瀬戸口が女の子と歩いているところを偶然見かけてしまい、瀬戸口の気持ちがわからなくなった名取は、突き放した態度を取ってしまう。話をしようと引き止めてくる瀬戸口と口論になりかけていたところに件の美少女・ユキが現れ、親しげな二人の姿を前に自分だけが取り残されてしまった切なさは涙となって名取の頬を滑っていく。思わず逃げるようにその場を後にした名取を追いかけてきたのは…まさか...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています