「小児性愛」という病――それは、愛ではない

「小児性愛」という病――それは、愛ではない

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「そりゃセックスもしましたよ。恋人同士ですもん。それを周りの人たちが、ぶち壊したんです。 私がロリコンで、Yちゃんは被害者だといって引き離したんです。
私はそんな人達によって犯罪者にさせられました。おかしいのはどっちだっていいたいです…」
これは、12歳の少女に性加害をした49歳の男性のケースです。
女子児童の側には、交際しているという認識はありません。怒ると声を荒げる男が怖くて、言われるがままになっていたのだとわかっています。
彼がしていたのは、明らかに加害行為です。子どもに肉体的・精神的に後々まで残る多大なダメージを与えました。
しかし、彼が見ていたのは、「子どもから求めていた」「子どもはよろこんでいた」という光景。事実とは、正反対です。
クリニックで子どもの性加害経験者からヒアリングしていると、これは性加害をする者なら誰もが持っている、特有の思考の歪みだと実感します。
彼らの問題行動の背景には、精神疾患があります。日本語では小児性愛障害、英語ではPedophilic Disorder, Pedophiliaといわれ、この「ペドフィリア」という語のほうが馴染みがある人もいるでしょう。
私は、150名を超える子どもへの性加害者らと関わってきて、彼らも私達と変わらない、同じ“人間”だと考えるに至りました。決して性欲が抑えられないモンスターではありません。
子どもへの性被害、つまり小児性愛障害は、社会のなかで学習された行動です。大げさかもしれませんが、いまの日本社会が「ペドフィリア」を生み出し続けているといっても過言ではありません。
本書より抜粋

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
ブックマン社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2020年03月27日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

「小児性愛」という病――それは、愛ではない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月28日

    犯罪者と私は明確に違うつもりで読み始めたが、実は境界は曖昧で私もきっかけがあればそっち側になってしまうかも、、、と不安になってきた。
    弱い者を虐げる犯罪をなくす為には犯罪者を隔離するよりもみんながストレスフリーな世界を目指す必要があるのかな。壮大。

    子どもが性犯罪の被害に遭わないために手に取ったの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    150人を超える小児性犯罪者に関わってきた著者が、データをもとに、子どもに性加害をくり返す者はどんな人物であり、どのような背景があるかを探る。その病理に光を当て、加害行為を“やめ続ける”ための方法を解説する。

    依存症。認知行動。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    どこか薬物依存と似ているな、と思いました。
    薬物依存もどこか精神的に不安定な人がふとしたきっかけで初めてしまう印象。

    ただ処罰をするだけだったらもうすでに犯罪率は下がっているはず。
    精神的な矯正が必要なんだだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月02日

    小児性愛者、ペドフィリア、ロリコン。
    彼らの認知は歪んでいる。フリーズした状態を受け入れた、同意があったと思い込み、子供から求めてきたと信じ込む。
    挙げ句の果てに、LGBTと同じ文脈で語られるべき、とまで。
    本書には、実際の加害者の言葉も綴られている。
    もし、自分が被害者なら、知人の子が被害に遭った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月23日

    過去にこの方の「万引き」と「痴漢」を病として扱った本を読みました。今回は「小児性愛(ペドフィリア)」子供に向けた性暴力の本です。

    私には6歳になる姪っ子がいるのですが、この本の加害者の言葉が出てくるたびに頭の中を姪っ子の姿がちらつきました。今すぐ姪っ子に「水着で隠れる部分は、人に見せたり見せられた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています