雨は君がために(上)

雨は君がために(上)

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世は動乱の幕末。婚儀を数カ月後に控えて、婚約者の有栖川宮から、突然婚約を破棄された皇女和宮。彼女を待っていたのは、十四代将軍徳川家茂との結婚だった。朝廷と幕府の結びつきを強めるために、いやいやながら江戸城へ嫁いだ和宮だが、自分が江戸の地に拒まれているような不思議な感覚を覚える。婚儀の日、夫となる家茂に出会った瞬間、二人の間で見えない力がぶつかり合った!!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年03月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

雨は君がために(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年07月14日

    徳川14代将軍家持と和宮の話。
    私が藤原眞莉先生の本で一番最初に手にとった本。ココから私はどっぷりはまりました。苦手だった歴史が好きになったきっかけの本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     タイトルに惹かれて手に取ったもの。
     はじめはイラストの男性が(ちょっとだけ)苦手でどうしようかなと想ったのですが……読み進めていくうちに、全然気にならなくなりました。むしろ、このイラストでこそだなぁと想うようになっていたり。

     徳川家茂と彼に嫁いだ皇女和宮のお話です。

     この本を読むまで私は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    私が幕末好きとなるきっかけとなった本。
    江戸幕府第14代将軍家茂と、その妻の皇女和宮の物語。
    上巻では二人が出会ったところで終わりますが・・・この二人、単独でも最高!!(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    公武合体の2人の話。
    上巻だとまだあまり2人が接触しないので、天璋院様のかっこよさのほうが目立つかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    中学生の頃読んで、大いにハマりました。
    公武合体という史実はともかく、若すぎる二人の純粋な恋に、私が落ちてしまいましたよ(笑
     
    あのころ読んだ本はほとんど全て売ってしまいましたが、この上下巻だけは絶対に売りません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    公武合体のための政略結婚の中で本当の愛が芽生えたという、有名な和宮と家茂の話なのですが、所々首を傾げてしまうようなシーンはありました。伊井直弼の桜田門外の変。結局門に血を吸わせたから、なんなの?この城を守るために自分の死を覚悟していたっていう証拠なの?と疑問を抱いたところもあったし、全体的に比喩とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

雨は君がために のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 雨は君がために(上)
    495円(税込)
    世は動乱の幕末。婚儀を数カ月後に控えて、婚約者の有栖川宮から、突然婚約を破棄された皇女和宮。彼女を待っていたのは、十四代将軍徳川家茂との結婚だった。朝廷と幕府の結びつきを強めるために、いやいやながら江戸城へ嫁いだ和宮だが、自分が江戸の地に拒まれているような不思議な感覚を覚える。婚儀の日、夫となる家茂に出会った瞬間、二人の間で見えない力がぶつかり合った!!
  • 雨は君がために(下)
    495円(税込)
    大奥で起こった暗殺未遂事件の夜、和宮を守ることを誓った家茂。歴史的とも言える政略結婚で出会った東の王と西の王の娘は、互いにかけがえのない存在になっていた。だが、二人を取り巻く時勢は目まぐるしく変化していく。薩摩藩士が英国人を切り捨てた事件の対応で、幕府と朝廷は対立。和宮の異母兄・孝明帝と直接会って話をするため、家茂は上洛を決意するが…!? 涙のクライマックス!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています