啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處

作者名 :
通常価格 799円 (727円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【TVアニメ『啄木鳥探偵處』原作!】日本一の高塔として名を馳せる浅草十二階で、幽霊が目撃された――。明治四十二年九月、僕、金田一京助のもとへ石川啄木が持ち込んできた、幽霊騒動を報じる新聞記事。抜群の詩歌の才能を持ちながらも世に認められない啄木は、家族を養うため探偵業をはじめたところだった。その才能にほれ込んでいた僕は、助手役として探偵業に巻き込まれるが、事件は意外な方向へ……。第三回創元推理短編賞受賞作「高塔奇譚」をはじめ、人形の頭が男の喉を咬み切ったという怪事件「忍冬」など、トリックとロジックが冴える五編を収録する傑作連作ミステリ集。/【目次】第一話 高塔奇譚/第二話 忍冬/第三話 鳥人/第四話 逢魔が刻/第五話 魔窟の女/解説=細谷正充

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
314ページ
電子版発売日
2020年03月05日
紙の本の発売
2008年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

啄木鳥探偵處 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月06日

    ちょうどアニメ化されていて、好きな声優さんが参加されていたこともあり、気に入りなり原作も読んでみた。同時の日本の時代背景ともリンクしていて読んでいるうちに、タイムスリップしたようだった。表現が美しく、色彩豊かに描かれている。内容はミステリーだけど、啄木がとても愛おしく感じる作品だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月26日

    在りし日の金田一京助と石川啄木を探偵役に据えた短編ミステリです。
    本編よりも余命わずかな啄木が病み窶れていく姿が切ないけど、読みごたえのある作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月01日

    歌人・石川啄木が国文学者・金田一京介を相棒に、貧困の金の足しに探偵業を営むミステリー。
    探偵業とイメージが結びつかない、実在の人物二人が主人公というのに読む前は「?」となりましたが、石川啄木のくず…もといぶっ飛んだ性格・エピソードと明治後期にまだ潜む闇深さや世情が折り重なって、重厚な内容となり、地味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    アニメ化の告知を見て「アニメを本格的に見る前にある程度把握したい」と思って購入したもの。
    アニメの石川啄木役の声優がとにかく好きなので、あの方が最初どんな風に演じようとしていたのだろう?というのも知りたくて、気付けば最後までガッツリ読んでいた。(どうやら最初にやろうとしていた演技は、「それだと浮世離...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    以前の泉鏡花で味をしめ、明治文豪系ミステリのあのぬるさが好物であると気付きました。解説それは言わぬが花だろう!他にこのような系統の作品を探したいと思います。
    しかし啄木は不遇な人生やな、と興味を持ちました。

    2019.3.23追記。
    書店でアニメ化の帯を見た際の衝撃をお分かりいただけますでしょうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月01日

    第三回創元推理短編賞受賞作「高塔奇譚」、そこから始まる連作短編集。


    実在の歌人・石川啄木を探偵に、これまた実在の国文学者・金田一京助を助手にという奇抜な取り合わせにまず目が行きますが。。。

    夭折した啄木を主人公に五編の秀作を仕上げた氏の凄さに感服。

    ちょっと金田一氏の扱いが可哀相な気もします...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    生活に窮した石川啄木が副業として探偵事務所を開設。その人柄と類まれなる才能で、嫌がる金田一京助を助手に怪事件に挑むミステリです。史実と創作を織り交ぜて、自分の知識と照らし合わせてみたり、そう繋がるのか!と驚いたりできる・・・はずなんですが。どうも文章が読みにくい。流れが急に途切れてあらぬ方向へ進んだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月05日

     なんと石川啄木と金田一京助(耕助ではない!)が事件を解決していくというステキ設定なミステリー。私、こういう実在の人物系に弱いみたいです。
     そーいえばトリビアでやってましたね、啄木は女癖悪かったって。(何が「働けど働けど」だよ!笑)もっと短歌とか絡んでくるかと思ったんだけどそうでもなく、いうなれば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月14日

    アニメ化されたとのことで読んでみた。
    非常に不思議な味わい……
    ミステリーというには、あまりにも形がぼやぼやと定まらない印象。

    何より、石川啄木と金田一京助という実在の人物を出しておきながら、ふわふわととらえどころのないキャラクター造形にしているのはわざとなのだろうか。
    二人の言動がちっとも響かな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月10日

    読む前の印象とはがらっと違ったなぁ。
    石川啄木がなかなかにヒドイ男でした。お知り合いにはあまりなりたくないタイプ。
    変人でも孤高の方が好みなだけですg
    「逢魔が時」が金田一先生ががんばってて好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

啄木鳥探偵處 に関連する特集・キャンペーン