有料版の購入はこちら
通常価格: 605円
 (550円+税)
獲得ポイント:

3pt

新刊オート購入

Bowing! ボウイング 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    ばよりん

    Q 2020年06月14日

    作者のきゅっきゅぽんさんの全作『星間ブリッジ』大変良かったので、期待大。
    田舎の音楽の教育を受けたことのない子と努力型天才少女とばよりんの出会い。
    こういうの大抵『ピアノの森』パターンになる。この作者なら違うと信じて続きを待ちたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    谷川史子、曽田正人、ふくやまけいこ、といった面々の血脈をつぐような躍動感のあるタッチの作家さん。今回は音楽まんが。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    nukoduke 2021年03月06日

    表紙の絵と中の絵のイメージがちょっと違った感じです。ほのぼのとした感じはするけど、私にはちょっと読みにくい絵柄でした。

    このレビューは参考になりましたか?

Bowing! ボウイング のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • Bowing! ボウイング 1
    605円(税込)
    本格弦楽ジュブナイル、演奏開始!! ジュニアコンクールでの優勝、 10歳にしてヴァイオリニストとしてデビューと 幼くして「天才」と称えられた久保提凛音(くぼてりお)。 将来を約束されたかに思われた彼女の演奏家人生は、 しかし中学一年生にして行き詰まってしまう。 自分の“音”に迷いを抱え、ついにはステージ恐怖症となり 都会の空気が合わない身体になってしまった凛音は、 母親の故郷である田舎町に逃れることになる…… その地で彼女が出会った少年・朝倉てんは、特別な“耳”を 持ち、亡くなった母親の“音”を探している少年だった。 自分の音を見失ったヴァイオリニスト少女と、 母親の音を探す楽器素人天然素材少年。 2人が出会ったとき、田舎町の高き空に ハーモニーが響き出す! ボーイ ミーツ ガール、弦楽青春ストーリー ここに開幕!!
  • Bowing! ボウイング 2
    605円(税込)
    それぞれの音を求める、本格弦楽物語! 久保提凛音は、“自分の音”を探す少女。 かつては天才ヴァイオリニストと呼ばれ 10歳にしてプロオーケストラと共演するなど 華々しい道を進んでいたのだけど、 音を見失いステージに立てなくなって 母親の故郷である田舎町に逃れてきた。 朝倉てんは、“母の音”を探す少年。 山奥でちょっと偏屈な祖父と2人で暮らしていて 学校を欠席しがち。周りからは距離を置かれている。 誰も知らないけど、てんは繊細に音を聴きわける“特別な耳”を 持っていて、その耳で亡き母の音を探している。 そんな、あまりに育ってきた環境が違う2人が田舎町で出会う。 凛音が奏でるヴァイオリンの音に、母の音を見つけたてん。 その音に惹かれ、音を奏でる凛音に惹かれ、 自らもその音を出すことを願ったてんは ヴァイオリンを手にすることに。 天才と呼ばれた少女と、ド素人の少年。 2人の2挺のヴァイオリンは、どんなハーモニーを響かせるのか? “弓使い=ボウイング”が導く本格弦楽ジュブナイル、 注目の第2巻!
  • Bowing! ボウイング 3
    続巻入荷
    605円(税込)
    人生模様色々4人で、カルテット始動!? 片田舎の町で、弦楽器の調べが引き合わせた4人の人物。 10歳にしてプロデビューするも、絶賛スランプ中のヴァイオリニスト、 中学1年生にして“元”天才の久保提凛音。 同じく中学1年生。亡き母親の“音”を探し続けている 楽器は素人だけど特別な耳を持つ、天然素材少年の朝倉てん。 田舎町の中学校で退屈音楽講師として過ごしていたけど、 凛音とてんとの出会いにより、ヴィオリストとしての“何か”が 騒ぎ始め、弦楽部の創設に踏み切った小野田純平。 そんな純平の大学時代の家庭教師先の家の子で、 音楽エリート一家で窮屈に育ったせいか ちょっと偏屈な雰囲気まとう高校生チェリスト・五条雪人。 色々デコボコチグハグな4人が カルテットを組むというのだけど、 コトはそう簡単に運ぶワケもなく…… 彼女彼らが美しいハーモニーを響かせる日は やってくるのか―――!!? 四挺の弦楽器が、田舎町の日々を彩る! “弓使い”が心に響く、本格弦楽ストーリー第3巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています