恐怖実話 怪の残響

恐怖実話 怪の残響

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

内容紹介
この男は、触れてはならぬ禁忌を炙り出す――
現場・資料を徹底調査!心霊現象の裏に隠された恐怖を覘く!

徹底的な資料蒐集や現地取材によって怪異をリアルに掘り起こすルポルタージュ怪談の旗手・吉田悠軌が綴る怪奇実録最新作!

・丹沢の山中で目撃した浮世離れした異形の姿とは…「芥子色の女」
・奥多摩のキャンプ場近くで耳にした不可解な異音、調査を進めるとおぞましい猟奇殺人事件との繫がりが…「左手と髪」
・酒場で出逢った謎の老人が語る在りし日の強烈な恐怖体験――業と恨みが導く暗鬱な真実「奈落」など35篇の怪奇譚を収録。

昏い陥穽に響く音は亡者の嬌声か、それとも生者の悲鳴か……。

著者について
吉田悠軌 (よしだ・ゆうき)
怪談サークルとうもろこしの会会長。
怪談の収集・語りとオカルト全般を研究。
著書に「怖いうわさ ぼくらの都市伝説」シリーズ、『恐怖実話 怪の残像』『恐怖実話 怪の手形』『恐怖実話 怪の足跡』『うわさの怪談』『日めくり怪談』『禁足地帯の歩き方』『一行怪談』『怪談現場 東海道中』など。
月刊ムーで連載中。オカルトスポット探訪雑誌『怪処』発行。
文筆業を中心にTV映画出演、イベント、ポッドキャストなどで活動。

ジャンル
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房怪談文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2020年04月01日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

恐怖実話 怪の残響 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています