結婚の奴

結婚の奴

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

第一声は「ただいま」なんだろうと考えた──ゲイの夫(仮)と、恋愛でも友情でもない二人の生活をつくるまでのつれづれ。能町流「結婚への道」。「ウェブ平凡」連載の単行本化。

ジャンル
出版社
平凡社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年01月10日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

結婚の奴 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月19日

    年齢的に結婚を考えたことはある。でも、自分にはあまり向かないだろうこともうっすら分かっている。別居婚か週末婚なら、と思ったりする。
    時折そう親しくない他人に結婚をせっつかれたりする。言われている意味は分かるものの、望むことの内容は個々違うのになぁとも思う。
    でもずっとひとりで生きるのは淋しいことだと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    雨宮まみさんのことが書いてあると聞いて、すぐさま読んだ。よかった。ここにまだ雨宮さんがいると思ったし、もういないんだとも思った。それにしても、憧れる。私も恋愛の絡まない結婚がしたいんです。夫婦になりたいわけじゃなくて、家族がほしい。自分だけの。また読み返そう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月06日

    読みやすくて、するすると、そうめんを啜るかのように読み終わってしまった。
    読む前は特殊な話なのだろうと思っていたが、読んでみると、深く共感し、揺さぶられ、誰もが考えることのある、普遍的な話をしているように思えた。
    話の随所に挟まれる、LINEや掲示板のやりとりが余計にリアルに感じさせた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日


    結婚とは「家」のためのもので,どちらかというと「個人」の気持ち(=好意)の問題ではありませんでした。端的に言い換えれば,結婚とは「生活」のために行われるもので,「親密性」は二の次でした。ですので,(生活が安定するから)好きでもない人と結婚する,結婚した後に相手を好きになっていく,みたいなことがあり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    ‪「恋愛感情の無いゲイとの結婚」で話題になった著者の“プロジェクト”の一部始終。自分も継続した共同生活を前提とした結婚には恋愛よりも友情に近い関係性の構築が大切と考えているので興味深かった。とはいえそうなると本質は結婚というより同居なのだろうか?色々考えるきっかけを与えてくれる一冊。‬

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月10日

    人生を変えるような恋愛だの結婚だのは無理だが、ひとりは嫌だ――
    ゲイの夫(仮)と「結婚」と称して同居を始め、
    恋愛でも友情でもない二人の生活をつくるまでを綴った能町みね子の最新作。
    「ウェブ平凡」連載『結婚の追求と私的追究』の単行本化。

    するすると一気に読み終えた。
    こういう結婚のあり方もいいもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月01日

    前半は軽いエッセイかと思いきや、後半から終盤までが、かなり重い…
    残念ながら私は常識に乗ってる人間のようで、芯までは理解できない。
    それでも、結婚というような同居の良さは実感してるし、うんうんわかる、となる部分もあり。


    雨宮まみさんの著書と、こだまさんの『おとちん』は既読。
    あの重さ、衝撃、この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています