生涯投資家

生涯投資家

作者名 :
通常価格 730円 (664円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「お金儲けは悪いことですか?」
2006年6月、ライブドア事件に絡みインサイダー取引を行った容疑で東京地検に逮捕され、のちに執行猶予つき有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。逮捕間際に言ったその言葉が印象的だった。以後、表舞台から姿を消したが近年株式取引の世界に復帰。その動向が注目されている。
本書は、その村上氏の初の諸著であり、半生記であり、投資理念の解説書でもある。
灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何をしたのか。事件となったニッポン放送株買い占めにおいて、いったい何があったのか。彼の投資哲学、日本企業への見方はどうなのか。今後何をしようとしているのか。
嫌われ者を自認する村上氏が、その実像と思いを自らペンをとって書き上げた話題作。

解説・池上彰

※この電子書籍は2017年6月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年12月05日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

生涯投資家 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月18日

    投資家はお金持ちで欲の深い人達だと思ってた。
    全然内容なんて知らなかったけど、「村上ファンド」は悪い人達だと思ってた。

    この本で善悪の判断は出来ないけど、著者は経営と投資に本気で向き合ってきた人だというのは分かる。
    書いてある考え方はこれからの日本に必要な事だと思う。
    というより、投資家の考え方が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    村上さんの意見には大いに賛成。

    資金循環がないから日本経済は停滞する
    大企業が資金を無駄に溜め込み、持ち合い株をするからこそPERが米国に劣る。
    コーポレートガバナンスは一向に機能しない
    買収防衛策に安易に走るが、企業価値の向上には汗をかかない
    お金儲けは悪、という風潮
    上場企業を私物化する経営者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月15日


    最近のホリエモンや村上世彰さんのご活躍を見ていて、この人たちは本当に有罪判決を受けたのだろうか?と不思議に思っていました。

    解説の池上彰さんも『どうせなら逮捕されたときの検察官とのやりとりや、”塀の中”での様子についても描いてほしかったのですのが。』とおっしゃっていて、そのチクリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月09日

    おそらく自分はざっくりとしか理解してないのだが。それでも読み応えあってよかった。ちょっと昔の話だけど、でも大まかにはあまり状況変わってないはず。
    バンカー、アナリストとかになりたい学生には必読書だと思われる。

    敵対的買収について、自分の持つ金融市場知識でも臨場感ありながら感じることができる。
    日本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月02日

    金融、投資のリテラシーがなくても読みやすいです。
    いかに日本の「経営」の考え方が、株式会社システムと合っていないかを痛感しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    通称(愛称とは言えないだろう)村上ファンドの名前でおなじみの投資家、村上世彰による自伝的な著作。
    アクティビスト投資家としての彼が関わったビッグプロジェクトを振り返りながら、彼の考えを(メディアに歪曲されたものではなく)彼の目線で語っている。
    村上以前は日本にはほとんどいなかったであろうアクティビス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月14日

    当時自分が学生ながらあまり理解できなかったフジテレビライブドア事件。それがいったいなぜ起きたのか、そして村上世彰さんとはどんな方なのか、それを知りたくなりこの本を読みました。

    投資家の苦悩、日本のファイナンシャルリテラシーがどれほど低いものか、実体験を元に書かれたわかりやすい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    おそらく本書の中で「コーポレート・ガバナンス」という言葉が200回以上出てきますが、そのことからも村上氏の「日本の株式市場へコーポレート・ガバナンスを浸透させたい」という行動原理・想いが伝わってきます。
    ニッポン放送株の取得をめぐるライブドアとフジテレビの騒動に関しても、当時ニュースで見ていた頃には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月01日

    村上さんの言い訳自伝的な内容だと思って手に取る人もいるのではないか。少なくとも私はそうだった。
    そして、いい意味で裏切られた。

    株式会社とは、上場する意味、上場企業及びその経営者のあるべき姿が具体的に綴られている。
    また、投資家と経営者の関係性についてもファンドの視点からクローズアップされており、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    『生涯投資家』村上世彰

    村上ファンドで一世を風靡した村上世彰氏の自伝的な投資理念の解説書。
    非常に面白い。テレビに好き放題に脚色され、逮捕された村上氏が、何を考え、何を大切にして投資しているのか。そこには骨太の理念があった。
    村上ファンドの理念は、ファンドの性質上、無論利益を追求する事ではあるが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング