ソフトウェア・ファースト

ソフトウェア・ファースト

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

MicrosoftやGoogleで世界標準の製品開発に
携わってきた技術者が書き下ろす、
あらゆるビジネスが「ソフトウェア中心」に刷新される
今必要な次世代型サービス開発の要諦

AI活用、デジタル・トランスフォーメーション、SaaSをベースにしたサブスクリプションビジネスetc.今、世界中の企業がITを駆使したデジタルシフト(事業のサービス化)を急いでいる。

日本企業がこの世界的潮流に取り残されないためには、かつての成功モデルである「製造業的ものづくり」から脱却し、ソフトウェアを中心としたサービス志向の開発体制を構築することが重要だと著者は説く。

ソフトウェアがビジネスの中心を担い、インターネットがあらゆるビジネスの基盤となりつつある今、日本企業はどう変化すれば生き残れるのか?

世界的IT企業で働き、現在は製造業をはじめとする日本企業の変革にも携わる著者が書き下ろす、ソフトウェア・ファーストな開発論をぜひ読んでほしい。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
380ページ
電子版発売日
2019年10月11日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
23MB

    Posted by ブクログ 2019年11月07日

    ITに携わる人なら読んどいて損はない。DX推進に関する組織体制やエンジニアのキャリアパスについても書かれていて、非常に濃い内容。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月03日

    ‪及川卓也さんの新著。最初は日本社会や大企業への提言の本なのかと思ったが、後半になるに連れ開発の進め方やキャリアなど個人レベルに落とし込まれていく。ちょうどエンジニアからエンジニアリングマネジャーに転向したタイミングなので非常に勉強になった。生存戦略よりも成長戦略。エンタメとして消費せず繰り返し読も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    ITを駆使して、イノベーションやデジタル・トランスフォーメーションを達成したい事業者向けに書かれた本です。
    製造業や、その他、日本の経済を長く支えてきたような産業にむけてのメッセージが詰まってるので、私からするとわかりやすくてテンポもよく読めました。
    この本が描く現在地から進んだ環境(例えばIT産業...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています