韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択

韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

韓国経済崩壊か!?日韓断交か!? 間違いだらけの、すべての俗論を斬る!

対韓国輸出規制問題、日本製品不買運動、元徴用工への賠償判決、慰安婦財団の解散、レーダー照射問題、GSOMIA廃棄、WTO提訴、ホワイト国除外……。

文政権のあいつぐ「反日」政策も効果が出ないうえに、政権発足時の目玉であった、国内の格差解消と、北朝鮮との融和もうまくいかず、ついには国内の政権不支持率は過半数を超えました。
経済においては、サムスンの収益が同時期前年比で6割減ったことにも代表されるように、韓国からの外国資本の“脱出”が急加速。さらに日本企業も、これまでは、あまり政治・外交的な要素を交えずに対応してきましたが、徴用工問題に始まる諸々の動きを受け、韓国からの資本引き上げが始まりつつあります。悪化の一途を辿る韓国の経済状況に関して文大統領は「今は我慢の時であり、確実に韓国経済は立ち直る」との発言を繰り返すものの、具体的な論拠も示さない姿勢に国民感情も離反。
外交においては、条約を守らない上に、北朝鮮との仲介役ばかりをアピールする韓国に、世界からの信用も失墜しつつあります。
そんな中で行われた、日本による「ホワイト国除外」……。
迷走する韓国……。そのとき日本がとるべき方策とは?そして米・中・北朝鮮は? 常にデータを重視した数量理論を展開する経済学者であり元官僚の高橋洋一氏が、得意の理詰めの論法で説く、今後の本当のシナリオ。

※本書は、2019年8月上旬までの情報に基づき執筆されています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2019年09月06日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    ★4.0(3.46)2019年9月発行。序章「反日」が暴走する韓国、1章 制裁に舵を切った日本政府、2章 日韓断交論・韓国経済崩壊の俗論を斬る、3章間違いだらけの韓国経済政策、4章大国に翻弄される韓国、5章リベラル派と民主党の罪 からなるが、資料、データを豊富に使っての分り易い分析。文政権がここまで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    反日が暴走する「嘘つき」国家。

    日本がこれまでのようにただ頭を下げるだけで無くなってきたので、その嘘が世界中に暴露され、より発狂中。

    その代償として、国際社会から相手にされなくなってきている。

    そんなところか。

    同様の論を展開する本は沢山あるし、実感としてそうだと思うが、高橋先生の数字を基に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    数年前まで韓国担当もやっていたので、首都ソウルのみですが、韓国へは何度か行っていました。私の子供の頃、韓国には朴大統領がいるのを知っていましたが、その娘さんが大統領を辞めることになり、次の大統領になってから、韓国経済の調子がおかしくなってきたような気がします。

    つい10年前までは、韓国企業は決断も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月03日

    高橋洋一さん大学教授
    第一安倍政権では経済政策のブレーンとして活躍「霞ヶ関埋蔵金」や「ふるさと納税」や「ねんきん定期便」の政策を提案。第17回山本七平賞受賞。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月29日

    この著者の本を読むと、いつも鼻持ちならない感じがするが、表現の仕方は別にして、割合正鵠を射るという感じと、最近の日韓問題についてのいろいろな見方に興味があり購入した。

    具体的に面白かった箇所を抜粋すると・・・
    ★「公約を次々と実行するトランプ政権」ということで、マスコミや有識者とは反対に、トランプ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています