京都花街 神様の御朱印帳
  • 値引き

京都花街 神様の御朱印帳

作者名 :
値引き価格 275円 (250円+税) 4月4日まで
通常価格 550円 (税込)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

父の再婚で家に居場所をなくし、大学進学を機に京都へやってきた文香。ある日、神社で1冊の御朱印帳を拾った文香は、神だと名乗る男につきまとわれ…。「私の気持ちを届けてほしい」それは、神様の想いを綴った“手紙”だという。古事記マニアの飛鳥井先輩とともに届けに行く文香だったが、クセの強い神様相手は一筋縄ではいかなくて!? 人が手紙に気持ちを託すように、神様にも伝えたい想いがある。口下手な神様に代わって、大切な想い、届けます!

ジャンル
出版社
スターツ出版
掲載誌・レーベル
スターツ出版文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年08月15日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

京都花街 神様の御朱印帳 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月09日

    神様が神様宛てに気持ちを込めてしたためた手紙は、御朱印という形で主人公の文香とアルバイト仲間である飛鳥井先輩の手によって届けられる。その御朱印を神様がしたためるシーンはちょっと不思議な光景で実際にみてみたいなぁと思った。読書中は文香と飛鳥井先輩の後ろにくっついて神社を参拝している気分になる。
    個性豊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月04日

    この本に出てくる神様たち、本当に人間らしいな。と思いながら読んでいた。兄弟喧嘩をしたり、ウジウジと後悔したり、恋をしたり...。かなり親しみやすい。そんな神様に振り回される文香と透真はかなり大変。まぁ、透真は心の底から楽しんでいそうだけど。
    神様の「郵便屋さん」を通じて、文香と透真の悩みが少しでも解...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月29日

    この手のお話を読むたびに思うのだけれど、どう考えてもわたしは神に選ばれし者にはなれそうない。かなしい。
    わたしに御用人とか郵便屋さんさせてくれたら、けっこうノリノリでフットワーク軽くがんばるんだけどなぁ。でも強欲だからダメなんだろうな(納得

    普通の(あえて普通の書きます。別にワケありだとは思えなか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています