エレベーター

エレベーター

作者名 :
通常価格 1,782円 (1,620円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

15歳のウィルは射殺された兄のかたきを討つため、銃を持ってエレベーターに乗り込んだ。自宅のある7階から地上に到着するまでの短い時間に彼が出会う人々とは……ポエトリーとタイポグラフィを駆使する斬新な手法で文芸賞を席巻した注目作、ついに日本上陸! エドガー賞YA部門、ロサンジェルス・タイムズ文学賞ほか多数受賞!

ジャンル
出版社
早川書房
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年08月20日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
112MB

エレベーター のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月11日

    ウィルの兄であるショーンが殺された。アトピーで苦しむ母親のために特別な石鹸を買いに行ったためだ。店はショーンらが住む場所と異なるギャングが仕切っている地域。そこにショーンが足を踏み入れたので殺害された。ウィルが住む地域には掟がある。泣くな、密告するな、復讐せよ、だ。ウィルは兄が隠し持っていた銃を持っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月06日

    兄を射殺された主人公が生まれて初めて銃を握りしめ、復讐を遂げるためにエレベーターに乗りこむ。地上階に降りるまでの間に、主人公は思いもよらない人たちとの再会をしていく。著者は詩人でもあるそうで、詩と小説の中間みたいなスタイル。独特な文章の配置や改行で、深い余韻と意味のつまった余白がそこかしこにある。銃...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    兄を殺された弟の復讐譚かと思いきや話は意外な方向に。エレベーターが降りていくごとに話は進み、悲しみや切なさが深くなった。最後の問いかけに弟はどう答えたのだろう。まだ答えは出ていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月26日

    兄のショーンが銃で殺された。15歳のウィルは、ショーンの洋服タンスにあった銃をベルトにはさんでマンションの下りエレベーターに乗った。掟に従ってショーンを殺したやつを殺しに行くのだ。
    8階から乗ったエレベーターは、各階で止まる。そして誰かが乗ってくる。ウィルの知ってる人ばかりだが…

    銃社会がいまだに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月18日

    兄が殺された。掟に従い、殺したやつを見つけ出し必ずそいつを殺さなければならない。兄の銃。殺ったのはきっとあいつ、あいつに違いない。銃を持ってエレベータを降りる。エレベータに現れる、身近な死者たち。連れ、幼馴染、伯父さん、父さん、ギャング新入り、そして兄さん。お前も来るか?

    どんな世界に暮らしていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    銃殺された兄のかたきを打とうと決めた15歳のウィル。兄の部屋で見つけた銃を潜ませ乗り込んだエレベーターを下る途中、不思議な体験をする。文体も視覚的にも凝っていてスリリングな緊張感が続く。最後のページはまさにクライマックスの頂点!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月23日

    ウィルの兄、ショーンが殺された。
    街中で、誰かに拳銃で撃たれて。
    ショーンはアトピー性皮膚炎の母親のために特別な石けんを売っている店に行かなければいけない。でも、その店のある地域を縄張りにしているリッグスといさかいがあって、リッグスはショーンをよく思っていない。ショーンはリッグスに撃たれたに違いない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月29日

    何者かに射殺された兄の復讐を主人公がするために、銃を持ち、自宅を出てエレベーターに乗る、というのが簡単なあらすじです。どんな理由があろうと人を殺したら犯罪になりますが、兄弟、親など、愛する人達から受け継いだ掟の存在により、して当然だという気持ちで主人公はエレベーターに乗り、ロビーを目指して降下するわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    家を一歩出れば危険が待ち受けるスラム。
    15歳のウィルの兄はその街角で射殺された。
    「掟」に従って兄の仇を討とうと、拳銃をもってエレベーターに乗り込んだウィル。
    各階に止まるごとに乗りこんでくるのはかつて知っていた今はいない人々。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    longway down
    by jason reynolmds

    詩による小説

    ウィルは兄の仇を
    打つのか

    エレベーター移動か緊張感を高める

    おまえも 来るか?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています