毛沢東の対日戦犯裁判 中国共産党の思惑と1526名の日本人

毛沢東の対日戦犯裁判 中国共産党の思惑と1526名の日本人

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1950年代、満洲国や日中戦争などに関与した日本人1526名が、建国直後の中国で戦争犯罪人とされた。戦犯管理所では5年間に3段階の思想改造が行われた結果、裁判での死刑はなく、東京裁判やBC級戦犯裁判と比べ、極めて寛大な判決が下される。その背後には何があったのか。新たに公開された史料から、戦犯らの犯罪行為、思想改造、日本人への怨嗟が渦巻く中、毛沢東や周恩来ら指導者が抱いた思想と戦略を明らかにする。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年07月12日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

毛沢東の対日戦犯裁判 中国共産党の思惑と1526名の日本人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年06月25日

    山西省太原では残留日本兵が国民党側で共産党と戦った。
    その時日本軍は帰国が促されていたため、軍をやめて自主的に残るという形をとったため、帰国後の恩給の資格がないとされた。
    日本赤十字社が戦犯帰国には大きく寄与していた。もともとは日中友好協会と日本平和連絡委員会の民間三団体での交渉を中国側は望んでいた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月10日

    毛沢東が日本人戦犯をどのように扱ったかについて、詳細に書いてある。撫順組と太原組の戦犯である。朝日新聞の夕刊にもちょうどこの本が取り上げられている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月07日

    筆者は中国帰還者連絡会の理事であった国友氏の「中国政府の我々戦犯に対する政策には道理がある。人を人として扱わず残酷な手段で殺傷し、手柄を立てたと思って高笑いするような思想を捨て、侵略戦争の罪を認め、被害者に謝罪して、再び人殺しの銃剣をとらないことを誓うことこそ、人間の尊厳を知った者の正しい行為ではな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています