私家版 かげろふ日記

私家版 かげろふ日記

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「私は身分違いの相手に想われ、玉の輿に乗った女である。」――並外れた美貌と作歌の才に恵まれた平安朝の一女性が、浮気の絶えない夫との生活から女同士の確執、一人息子への溺愛ぶりまでを赤裸々に綴る。無類に面白い千年前の記録を、大胆かつしなやかな日本語で生き生きと再現させた現代人必読の書。平安朝日記文学の傑作を、しなやかで優美な現代語で甦らせた名篇。女の人生、夫次第。古典のおもしろさ、新発見!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年07月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

私家版 かげろふ日記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月04日

    さすが小説家の手によるもの。
    原文や、それを忠実に訳したものとは違う読みやすさがある。
    安和の変や、兼通、兼家の争いなど、ごちゃごちゃしたところも、すっと頭に入ってくる。
    杉本流の解釈も入っているが、道綱母の誇り高さも、それゆえの生きづらさも、よく伝わってくる。
    こんな風だったのかなあ、とかんじさせ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    現代でものすごく共感できる内容でした。夫の兼家のデリカシーのなさや不実っぷりはこんな奴いるよね〜と一緒になって腹を立ててみたり。正式な契約のない愛人のつらさがよく分かる現代訳でした。恨み辛みっていうより、「なんでこんな駄目男に振り回されてるんだろ・・・自分」という声が聞こえてきた。最後、自分からアン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    割合に原文に忠実に現代語訳されています。それに著者の感性が上手くミックスされて読みやすさ&とっつきやすさでは秀逸。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています