日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち

日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

女たちは、偏見と迷信を破り続けた。
超えたもの、そして未だ超えられぬものとは!?
「女」を追いかけ続ける著者が描く、闘いの時代史。

無数の声なき女性たちの嘆き、悲しみ、憤怒の声が、彼女たちの歩を進めた。
・女性初の一部上場企業役員となった、高島屋取締役の石原一子。
・囲碁界で女性初の高段者となった棋士、杉内壽子。
・男女雇用機会均等法を推し進めた、労働省初代婦人局長の赤松良子。
・登山家でエベレスト登頂を成し遂げた、田部井淳子。
・『ベルサイユのばら』で歴史漫画を女性で初めて成功させた、池田理代子。
・NHKアナウンサーで女性初のアナウンス室長になり、定年まで勤め上げた山根基世。
・女性初の真打となった、落語家の三遊亭歌る多。

日本にはガラスの、いや鉄か鉛で出来ていた天井があった。
出ること、伸びること、知ることを封じられた女性たちがいた。
その状況に我慢せず、各界の天井を打ち破り、道をつくってきた「第一号」がいる。
そして、彼女たちを後押しした無数の声なき女性たちがいる。
しかし、未だ天井は残る。
大正から昭和、平成、令和へと移ろう中、私たちは何を克服し、何を克服しえていないのか? 
女たちの歴史から、この国の姿を浮き彫りにするノンフィクション!

目次

まえがき

第一章 砕き続けたのは、働く女性への偏見
第二章 破ったのは、女性への迷信
第三章 変えたのは、個人では破れない制度
第四章 手にしたかったのは、経験そのもの
第五章 描いたのは、読み捨てられない“文化“
第六章 追い求めたのは、職業の本質
第七章 望んだのは、優遇ではなく、同等の扱い

あとがき
主要参考文献

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年06月21日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月13日

    「日本初」と称された7人の女性の半生を描いたノンフィクション。どれも非常に読み応えがある。個人的には、高島屋取締役を務めた石原一子さんと、労働省で男女雇用機会均等法の制定に尽力された赤松良子さんのお話が非常に印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    すばらしい7人の女性のインタビューの本。生い立ちから功績まで丁寧に調べて書き上げた良書。個人的には男女雇用機会均等法の立役者、赤松良子さんの章が印象的。多方面で奔走し、法律制定まで尽力したのに、男女どちらからも批判された苦悩。それでもこの法律は本当に女性のためを思って作られたものだと思う。女性活躍な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています