超微量分析入門

超微量分析入門

作者名 :
通常価格 2,160円 (2,000円+税)
獲得ポイント

10pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、分析化学の初学者の方々へ、超微量領域の分析手法を解説するものです。

―目 次―
●第1編 基礎編●

第1章 超微量分析―誇れる最先端の技術―
1-1 超微量分析とは
1-2 超微量分析の世界
コラム①「糖尿病の分析」


第2章 分析化学の基礎―学際的な化学を支える大黒柱―
2-1 分析化学と製品開発
2-2 分析化学の役割
コラム②「医療分析の最前線」


第3章 現代の分析化学―飛躍的に進化する微量分析技術―
3-1 分析機器
3-2 分析化学の展望
コラム③「非侵襲的な分析技術」



●第2編 実践編●


第4章 クロマトグラフィー―伝統の分離分析法―
4-1 クロマトグラフィーの基礎
4-2 ガスクロマトグラフィーの原理
4-3 高速液体クロマトグラフィー
コラム④「化学分析における民俗学」


第5章 キャピラリー電気泳動―生命科学を支える分析技術―
5-1 電気泳動とは
5-2 キャピラリー電気泳動
5-3 分離メカニズム
コラム⑤「DNA鑑定」


第6章 ICP質量分析-究極の無機元素分析法-
6-1 無機元素分析法とICP質量分析
6-2 ICP-MSによる超微量分析例
コラム⑥「超微量放射性物質をICP-MSで測る」


第7章 テラヘルツ波分光分析―電波と光の境界にある光分析―
7-1 テラヘルツ波と分析化学
7-2 テラヘルツ波分光分析
7-3 分析・評価への応用
コラム⑦「見えないものをみる非破壊検査技術」


第8章 食品分析―食の安全・安心を支える―
8-1 食品分析:試料採取(サンプリング)から測定まで
8-2 残留農薬
8-3 動物用医薬品
8-4 環境汚染物質(ダイオキシン類)
8-5 自然毒(カビ毒アフラトキシン)
コラム⑧「公害の原点:水俣病」


【付録】 超微量分析の極意―分析するための重要ポイント―
1 分析の安全学
2 分析法の種類と選択
コラム⑨「STEM教育」

執筆者一覧

ジャンル
出版社
オーム社
ページ数
203ページ
電子版発売日
2019年06月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
171MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています