手仕事の服

手仕事の服

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

大分県の山国で、見事な刺し子、裂織の衣服を作っている工房のむら。
全国のデパート展示でひっぱりだこの作品を詳細に紹介。
また、工房の様子、自然素材を生かしたものづくりの背景にも迫った。
日本の手仕事の素晴らしさを堪能できる1冊。


10年、20年、着続けられる服を
ふつうにつくる
手間をかける
素材に親しむ

ぐし刺し
模様刺し
裂織

ある日の装い
育てる服
工房のむらのものづくり


【もくじ】

■10年、20年、着続けられる服を
■ふつうにつくる
■手間をかける
■素材に親しむ
■ぐし刺し
■模様刺し
■裂織
■バリエーション
■ある日の装い
■育てる服
・私の10年服
■工房のむらのものづくり
・自然の恵みを素材に取り入れる
・家族で働く30年史
■これまでの主な出展先
■工房のむら担当一覧

ジャンル
出版社
主婦と生活社
ページ数
98ページ
電子版発売日
2019年06月07日
紙の本の発売
2014年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
113MB

手仕事の服 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月03日

     一昨年の12月に読み再読。「いいなあ」と思う服を見る。何度見ても飽きない。

    【一昨年の感想】「工房のむら」、すべて一点物の洋服。植物から糸をつくり、染め、布にする。それを、縫い、織る。一人が全行程に責任を持つ。約百頁、全部面白い。こういう仕事をする人、その1着を着ている人がいる。驚く。志村ふくみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています