ウラ読み「戦国合戦」

ウラ読み「戦国合戦」

作者名 :
通常価格 630円 (573円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

桶狭間合戦、姉川合戦、長篠合戦、賤ヶ岳合戦、関ヶ原合戦、大坂の陣など、これまで繰り返し雑誌や単行本で取り上げられ、細部まで広く知られている戦国合戦――ところが、こうした戦国合戦にも、それでもまだ語られていない逸話があったり、いまだに俗説が大手を振ってまかり通り、周知の話がじつは眉唾モノであったりもするのだ。本書では、桶狭間から大坂の陣まで、主に信長・秀吉・家康の三天下人に関連した合戦17を厳選。「石山本願寺はお寺ではなく摂津一の堅城だった?」「『信玄の影武者』、その存在を誰も証明できない?」「『信長公記』と『日本史』で微妙に違う信長の最期」「『天王山』の争奪戦はそれほど重要ではなった?」「秀吉の関白政権成立に家康が果たした裏の役割とは?」「なぜ家康は黒田長政の無礼な態度を喜んだのか?」「秀忠軍が本戦に遅参したのは誰の責任だった!?」等、通説や俗説に埋もれた「戦国合戦の意外な真相」に大手・搦手両面から迫る!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2019年06月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ウラ読み「戦国合戦」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    歴史はミステリーの最高傑作だ。
    諸説ある信長の最後、女性による関ヶ原ルポ。
    戦国を代表する合戦の舞台裏ではいったい何があったのか?本書では、桶狭間から大坂の陣まで、主に信長・秀吉・家康の三大天下人に関連した17を厳選。通説や俗説に埋もれた戦国合戦の意外な真相に迫る。

    2008年の刊。文庫書き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています