えりちゃんちはふつう
  • 完結

えりちゃんちはふつう

作者名 :
通常価格 913円 (830円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「マザーファッカーズ」「ひみつのおねえちゃん」でお馴染みのエッセイコミックの名手が贈る「楽園」web増刊発表作で構成する自叙伝的作品集。切なくて愛しい、世界中の「かつての貴方」へ送ります。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
楽園
電子版発売日
2019年05月31日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

書店員のおすすめ

かわいい絵柄でありながら、心にグサグサくるエピソードが詰まっています…
「虐待」未満かもしれないけど、なかなかにハードモードな幼少期を過ごすえりちゃん。
いろんな家があって、いろんな親がいる。
…とわかってはいるものの、具体的にこうして形にされると、そのしんどさはいかばかりかと…

お友達との家との違い、貧乏とはどういう事か、理不尽な体験の数々。
そして思春期になり、同級生との話。これも胸をえぐられます。

「漫画を描く」という、自分の人生を切り拓く手段がえりちゃんにあってよかった、と心から思います。

えりちゃんちはふつう のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    辛い

    あむ 2021年03月20日

    サンプルを読んでみて、何か引っ掛かったものがあり購入。

    読み進めていくうちに、同じような経験をした記憶がないのに、だんだん辛くなってきた。と同時に、ハッキリ覚えていない記憶(幼い頃の友人に言われると、あーそーゆうことあったねー!と思い出す感じ)が思い出されそうな、苦こそばゆい気持ちになる。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月19日

    えりちゃん、の子供の頃のお話。

    小さい頃から大きくなった頃まで、ですが
    ほぼ大半が、子供の頃。
    おやつの話なんか、読んでいて辛いというか
    微妙な気分になってきます。
    高校を選ぶのもそうですが、こういう時
    先生は何も言えなくなるものだな、と。

    ただ、おかしい、と本人が思っている事にほっとします。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています