code:G 【電子限定特典付き】
  • 値引き

code:G 【電子限定特典付き】

作者名 :
値引き価格 500円 (455円+税) 5月13日まで
通常価格 715円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ガキの頃、下半身に直撃を受けたインディーズバンド“バングース”に憧れ、バンド活動をする志門。
偶然にもバングースのギタリストで今は花屋の圭史と出会い、なんとか花屋のバイトとして雇ってもらえることに。
そこで志門が見たのは、朝っぱらからスーツの男とどエロいエッチをしている圭史の姿。
しかも相手はバングースのヴォーカルで今は妻子持ちのリーマン・遥で…!?
拗らせまくった大人達の関係に自ら飛び込んでしまった若者の運命は…!?
★単行本カバー下画像収録★
【電子限定で描き下ろしの4ページ漫画が収録されています。】

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
ページ数
194ページ
電子版発売日
2019年06月10日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
54MB

新刊オート購入

code:G 【電子限定特典付き】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    最高!!

    (匿名) 2020年01月16日

    絵も美しく、ユーモアのセンスも抜群、機微に聡い阿部あかねさん。大好きです。
    本作品は更にギター小僧、元インディーズバンドマンが主人公で、彼らのギターを弾く姿が途轍もなくセクシーでかっこいい。
    最高です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ある意味、純愛貫きにホロリ

    くもくもん 2021年02月04日

    コレはコレで幸せのカタチ。
    王道からはハズレているのかもだけど、世間体とかイロイロあるし、こうなって当然なのかも。
    しかし皆かっこいいのに貞操ユルユルで笑える。
    愛しくて苦しいから読んでてホロッとくる。
    夢見るバンドマン頑張れって感じ~(´∇`)
    アマチュア上がりのお花屋さんって設定も好きだなぁ♪
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月27日

    バンドを始めるきっかけになった憧れの人。不毛のようで、これも愛の形かなぁっていう二人と主人公の三つ巴。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    おじ受けサイコー

    karimero 2020年08月03日

    阿部先生は当たり外れがあるんですがこれは当たり!!
    ストーリーおっしゃれ~~!!
    答えの出ない不毛な話を書かせるとやっぱり上手いです。好きっっ!!
    越えられない一線の内側で「好き」の感情をこじらせたオジサン達とそこに突っ込んでいく若者のお話。
    ラストも含みがあるし、一穴一棒主義の方には向かな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    めっちゃ良かった!!
    バンドものってだけでベースが⭐︎3.5あるんだけども、でも良かった〜。
    主要メンズ3人が3人とも好みだし身体のラインも好きだし雰囲気も好みだし、主人公じゃない2人の感情もたまらんしもうとにかくよかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    バンド系はちょっと苦手なのですが、阿部先生なので読んでみました。

    最終的にはどっちとくっつく感じでもなく、なあなあ?な感じで終わります。
    好き嫌いが分かれるかもですが、私はこのなあなあ感が逆に新鮮でした。
    変な三角関係のままで、cpにはならないので、その辺が地雷の人は要注意です

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月25日

    元同じバンドのvoとgtが片方妻子持ちになろうとも関係をぐずぐず続けていて、バンド解散前にお互い素直に気持ちを伝えあっていれば...とかそんなことも言えないくらい当時から拗らせまくってて、そんなバンドに幼い頃に感銘を受けた青年が憧れのgtと出会ったものの、そんなぐずぐずっぷりに巻き込まれ、悩み、こっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています