頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て
  • 値引き

頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て

作者名 :
値引き価格 770円 (700円+税) 8月20日まで
通常価格 1,540円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

中学受験のプロとして活躍し、教科指導スキルに
コーチング技術や心理療法的なアプローチをとりいれた指導方法で
灘や東大寺、開成、筑駒、麻布など最難関中学に
教え子を多数合格させてきた著者が語る、「本当に頭がいい子の育ち方」。

著者の小川大介氏は、自身が代表をつとめる個別指導塾で
5000組を超える家庭と面談をしてきました。

その中で気づいたのは、いわゆる「教育によさそうなもの」を多数与えられ、
手とり足とり面倒を見てもらってきた子どもは受験直前に伸び悩んでしまうことが多い一方、
親に見守られて好きなことにとことん熱中した経験のある子どもは、
最後の最後で踏ん張りをきかせてぐんぐん成績を伸ばしていくこと。

中学受験の現場での経験、ひとりの父親としての経験から、著者は
「親は子どものことをもっと信じていい」と断言します。
自らの好奇心を親に認められ、見守られて育った子どもは、
親が追いたてて「勉強」させずとも、
自ら学び、成長する子に育つのです。

本書では著者の実体験と
コーチング・心理学の知見を踏まえ、
「のびのびと育てられているのに、頭のいい子」
が育つ、子育て法を紹介します。

◎子育ては「2勝8敗」で十分
◎好奇心のない子はいない
◎「当たり前のこと」を褒める
◎アドバイスは子どもが求めてから渡す
◎親が楽しそうな家はうまくいく
◎遊び方を観察すると、子どもの「天才」が見える
◎ボーっとしている時間に子どもはかしこくなる
◎お父さん・お母さんの日常は「イベント」の宝庫
◎「教科書ベースの勉強」でも心配はいらない
◎本人が活躍できるのが「いい学校」

ジャンル
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2019年05月20日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月22日

    教育という面での子育てに焦りや不安を感じている親御さんは、ぜひ読んだ方が良いと思った本です。

    3歳の息子がいる私自身、英語やスイミングした方がいいかな〜あれやこれやと焦っていたタイプです。でもこの本を読んで、そんな色々させなくても子供はグングン伸びる力を元々持っていて、その力を信じてサポートするの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    色々な子育て情報に振り回されて疲れた人が読む本な感じでしょうか。あまり目新しいことは書いてありませんが、読みやすさは、あります。でも、少し小さめで明朝体なフォントでは、内容よりも難しく感じてしまうため、もう少し字を大きく、行間を広げ、丸い字にした方がいいかな?って思いました。

    P35 Having...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    走り読み。
    重要なメッセージにはマーカー線が引いてあるので非常にわかりやすかったです。
    書いてある内容はどれも納得がいく事で、でもそれがなかなかうまく出来ないんよなと思っていたけれど、後半「子育ては2勝8敗」という言葉でとても説得力のある内容に受け取れました。
    詭弁ではない、実際に自身の子を育て沢山...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています