放課後質屋 僕が一番嫌いなともだち

放課後質屋 僕が一番嫌いなともだち

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

空腹に耐えかねた貧乏大学生の家木は、大切にしていたブックカバーを質屋に持ち込んだ。現れたのは一癖も二癖もありそうな若き店主・湯布院。この店では査定評価を「品物にまつわる思い出」でするという。はじまりは、高額査定が欲しくて思わずついた嘘……? 家木と湯布院=正反対コンビな二人が、個性的な客人の忘れられない過去を解き明かす、思い出ミステリー! 【目次】一話 嘘の値段/二話 愛情の値段/三話 遺恨の値段/四話 夢の値段

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年05月17日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

放課後質屋 僕が一番嫌いなともだち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月08日

    二人の関係性や人物の掘り下げもありキャラクターが生き生きしてる。読みやすい文章ながら引き込まれる作品だった。
    続編も出てほしい。是非。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています