くらもち花伝 メガネさんのひとりごと

くらもち花伝 メガネさんのひとりごと

作者名 :
通常価格 1,386円 (1,260円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

1972年「メガネちゃんのひとりごと」でデビュー以降、「おしゃべり階段」「いつもポケットにショパン」「天然コケッコー」「花に染む」など、常に一級の少女まんがを描き続けてきたくらもちふさこ初の自伝&秘伝の書。これまであまり語られることのなかったデビュー当時の別冊マーガレット編集部の様子や壮絶な制作秘話、まんがの意外な裏設定など、知られざるエピソードが満載。まんがを描く人にも読む人にも、必ず響くこと間違いなし! 読めば、もう一度「くらもちワールド」にダイブしたくなる、ファン必携の一冊。※NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の劇中まんがの原作者。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社インターナショナル
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年04月26日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

くらもち花伝 メガネさんのひとりごと のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年04月08日

    漫画家くらもちふさこのエッセイ。デビュー当時の記憶はあいまいだが、当時の別マを愛読していたので、漫画家としての成長をリアルタイムで追うことのできた漫画家さんです。

     糸のきらめき という作品でがっちりと読者を得たと思う
    。そしてそこからはもう別マの看板マンガ家へ一直線という人気作家になった。一時、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月23日

    文章が苦手だが伝えたいことがあるので漫画家になった、とおっしゃるように、真面目で優しい読みやすい文(言い方悪いけど日記のような文章と言いますか)

    が!突如文章のテイストは変わらないのに、『作品ごとに描きたいことが変わるので、ガッカリさせてしまうのもわかっていますが、絵のタッチを「変えざるをえない」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社インターナショナル の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング