asエリス
  • 完結

asエリス

作者名 :
通常価格 437円 (398円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「あのね、かわいかった」 入学当時のあかぬけない自分のことを覚えていてそう言ってくれた男子と、不器用な現カレの間でゆれるすずこ。ふたりがネットコミュニティ「ハピランド」を楽しんでいるのを見て、自分も登録してみると、新しい世界が広がって…? ネットとリアルが交錯して紡がれるニュータイプのラブストーリー!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ココハナ
ページ数
209ページ
電子版発売日
2015年03月01日
サイズ(目安)
29MB

asエリス のユーザーレビュー

    購入済み

    (匿名) 2020年02月20日

    最初読んだ時、ゲームの話に戸惑ったし、ラストもえっ、どっち?といった感じがしたけれど、読めば読むほどお話の世界が拡がっていく感じ。現実世界でうまく言葉で表現できない不器用な登場人物達が愛しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月04日

     なんだコレ! 前から表紙を見ていて新刊は知っていたけど、なんとなく面白くなさそう…と思っていました。が、ある書店で少し試し読み出来るようになっていたのでパラパラーッと中を見たら、今流行りの「アバター」の世界と現実世界が交互に繰り広げる不思議なマンガ!
     そういう試みは結構あるけれど、これはそのバー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月15日

    電脳仮想空間のアバターと現実世界の恋愛がまるで探偵小説のように交錯する。清涼院流水がこんなテイストの話書いてたっけ、とかうろ覚え。
    この漫画で使われていた「ハピ」(ピグみたいなもん)やってみたいな、と思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月31日

    くらもちさんの漫画にハズレがないのはどういうことなんだろう。毎回、新しい試みをしようとしている。それがわかる。非常に高度な展開をするけれど、それは漫画としての高度さっていうよりかは、また別の意味で。とてもよい。ていうか、花染町シリーズはどうしたんだろうか。(13/5/19)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月15日

    新書ビブリオバトルの担当編集さんの勧めで読んで見た。SNSと恋愛をうまく絡めて今までにない雰囲気を出している。刺激的な一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月07日

    時代の流れに乗ってる作品。
    リアルな今時高校生の学校生活・恋愛ってこんな感じなんだろうな。
    だから、昭和生まれの私にはよくわからない話。
    天然コケッコーみたいな田舎のお話の方が好きだ。
    作風が幅広くてすごいなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月26日

    くらもちふさこさんが、現実にあるSNSよりもファンタジーに描き過ぎに感じて、それを受け入れるのが疲れたけど、良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月12日

    【帯より】
    ネット×リアル
    インターネットの世界では
    ちょっと違う“私”になれる
    革新的ネットカルチャーラブストーリー

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月26日

    10代のころの嬉しいこと、不安なことを思い出す。
    そういう漫画が大好きなので、ツボった。

    ともだちは少ないよ わたし おもしろくないからね

    で涙。

    個人的にはハッピーエンドのラブストーリーだと思います。
    本当に面白かった!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年05月21日

    くらもち先生はおいくつになっても挑戦的・実験的な作品を描くなあ~とビックリ。最後はどっち??と難解な部分もあったが、それは読者の判断で良いのだろうと思う。
    仮想世界での生活は、現在ではリアルに近い世界観にもなりつつあるし、人間の根底と言うのはやっぱり透けて見えるので、自分はやっぱり自分以外の何物にも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています