雪女と蟹を食う(7)
  • 最新刊

雪女と蟹を食う(7)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

札幌から旭川を北上し、ついに旅の最終地点である稚内に足を踏み入れる。命を断とうとする雪枝に反し、北はともに生きる道はないかと模索する。しかし、北の願いは届かず、旅と人生の終わりを意味する「蟹」を食べる時を迎えてしまう――!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン
電子版発売日
2020年12月04日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
74MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

タイトルを見た瞬間、頭に「?」がいっぱい浮かびました。

『雪女と蟹を食う』ですよ!?
一体どんな内容なの!?って気になりませんか?気になりますよね?
ジャケ買いならぬ、タイトル買いです。

はて、グルメマンガかな?
と、読み始めてまた吃驚です。

1人の男が自宅のアパートと思われる一室で首つり自殺を図ろうとする所から物語はスタートします。

(全然グルメマンガじゃなかった―――!!)


死のうとするも中々思いきれない男は、死ぬ前に有り金を使い切ろうと思い至ります。

さて、何に使うか。
人妻デリヘルを呼ぶか…しかし…
そういえば、27年生きてきて一度も「蟹」食ったことない。
蟹食わないまま死ぬのか……


そう、男は人生最後の日に、人妻よりも北海道で蟹を食べる事に決めたのです。


しかし北海道に行くには手持ちが足りない。
そこで、見かけたセレブ妻の後をつけ強盗を企てますが、まさかの体狙いと勘違いされ…
何故か人妻と北海道まで蟹を食べに行く旅がスタートするのです。

目的はただ「北海道に蟹を食べに行く」というだけなのですが、
妙に抒情的なのです。
まるで純文学を読んでいるような感覚になります。
それでいて、画面から湿度や温度を感じられ、艶めかしく思えます。

何故「蟹」なのか?何かのメタファーなのか!?
ワケアリそうな人妻の謎の部分も気になるし、主人公の男も過去にワケアリそうで、気になる事づくめの1巻。

じっくりと読める、注目の新作です。

雪女と蟹を食う(7) のユーザーレビュー

    購入済み

    衝撃

    まさはる009 2020年12月20日

    まさかのストーリー…

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    蟹座の俺だけど

    ネッシュ 2020年12月06日

    なにかやるせない気持ちになる。
    キメツを読んだ後だと、特に…。

    このレビューは参考になりましたか?

雪女と蟹を食う のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 雪女と蟹を食う(1)
    660円(税込)
    金も行き場もない男・北は、自殺を図るが、どうしてもあと一歩が踏み出せずにいた。ある日、テレビのグルメ番組を観て、「人生最後の日は北海道で蟹を食べたい」と思い立ち、強盗を決意する。高級住宅に押し入り、人妻に金を要求するが、彼女の行動は、全く予期せぬものだった――。
  • 雪女と蟹を食う(2)
    660円(税込)
    蟹を食べるため、車で北上する中、北は次第に雪枝に惹かれていく。恋慕と失意を抱きながら、福島へと辿り着く――。郡山の名産グルメや会津の観光名所と、福島の地を満喫しながらも、二人は次なる目的地を探すことに。しかし、雪枝の携帯にかかった一通の着信が、大きな波乱を巻き起こす‥‥!!
  • 雪女と蟹を食う(3)
    660円(税込)
    山形・銀山温泉を次なる目標に、体調を崩した雪枝を乗せて、車は走り出す。辿り着いた旅館で、労わる北の思惑とは裏腹に時と場所を問わず、キスもエッチなことも絶えず迫られ、試される理性‥‥!はたして、誘惑に打ち勝つことは出来るのか‥‥!? そして、雪枝の旅の本当の理由が、ついに明かされる。
  • 雪女と蟹を食う(4)
    693円(税込)
    雪枝が、“死ぬため”に蟹を食べる旅へとついて来たことを知った北は、 出会った頃のように、彼女の真意が分からなくなっていた‥‥。 二人は北海道へと向かうフェリーに乗り込むが、深夜の船上で、雪枝は姿を消してしまう‥‥! 新章、北海道編、開幕ーー。
  • 雪女と蟹を食う(5)
    693円(税込)
    札幌で雪枝とはぐれてしまった北。すすきののニュークラブで働く、いかつい見た目の女の子・マリアに拾われ、雪枝が見つかるまで家に身を寄せることに。 容姿と裏腹にお人好しのマリアに元カノの面影を重ねてしまう。 男女2人、一つ屋根の下。何も起こらない、わけもなく‥‥。
  • 雪女と蟹を食う(6)
    693円(税込)
    火事から救ったお礼にマリアは北に、一夜限りの“ニューマリア”を開業する。まっすぐに想いを告げる彼女に対し、北は自身の過去と犯した罪を打ち明けることを決意する。しかしマリアもまた、“人殺し”という大罪を抱えていた――!
  • 雪女と蟹を食う(7)
    693円(税込)
    札幌から旭川を北上し、ついに旅の最終地点である稚内に足を踏み入れる。命を断とうとする雪枝に反し、北はともに生きる道はないかと模索する。しかし、北の願いは届かず、旅と人生の終わりを意味する「蟹」を食べる時を迎えてしまう――!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています