カラマーゾフの兄弟(1)
  • 完結

カラマーゾフの兄弟(1)

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

奔放かつ強欲極まりない男フョードル・カラマーゾフが殺された。一家の当主を失い始まる、残されたものたちの"毒蛇同士の殺し合い"に例えられる争い。"神の存在"、"認められること、許されること"の意味とは? そうして犯人は誰か? ドストエフスキーの集大成にして、最高傑作の一つ『カラマーゾフの兄弟』を圧倒的画力で描ききったまんが作品。ここに完成!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
オリジナル
電子版発売日
2018年06月22日
紙の本の発売
2018年06月
サイズ(目安)
153MB

カラマーゾフの兄弟(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    (今はまだ読んでいる段階ですが)

    面白すぎる


    (読み終えました)

    びっくりしました。こんなに面白い本があろうとは。
    漫画という手法の無限の可能性にも触れることができた気がします。

    RGPのようにのめり込む要素があって、すぐに読み切ることが出来ました。心の中の苦悩や葛藤が、一気に外に漏れだす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    ロシアの代文学を漫画で。とっても読みやすく面白いですが、原作を知らないので、どれくらい違っているのかはわかりません。とはいえ面白いのは事実。ロシアの男性は、美しい女の人にとても弱い。そして女の人がとても純愛。ドストエフスキーの求める女性像なのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月21日

    原作はまだ読んでいないが、その練習?予習?として。ストーリーを知っとくのは大事そう。しかし、あの長さのものを1冊のマンガにしただけなのに、この面白さ…いよいよ小説にチャレンジするときが来たか、、

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています