カラマーゾフの兄弟(1)
  • 完結

カラマーゾフの兄弟(1)

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

作品内容

奔放かつ強欲極まりない男フョードル・カラマーゾフが殺された。一家の当主を失い始まる、残されたものたちの"毒蛇同士の殺し合い"に例えられる争い。"神の存在"、"認められること、許されること"の意味とは? そうして犯人は誰か? ドストエフスキーの集大成にして、最高傑作の一つ『カラマーゾフの兄弟』を圧倒的画力で描ききったまんが作品。ここに完成!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
オリジナル
電子版発売日
2018年06月22日
紙の本の発売
2018年06月
サイズ(目安)
153MB

カラマーゾフの兄弟(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    (今はまだ読んでいる段階ですが)

    面白すぎる


    (読み終えました)

    びっくりしました。こんなに面白い本があろうとは。
    漫画という手法の無限の可能性にも触れることができた気がします。

    RGPのようにのめり込む要素があって、すぐに読み切ることが出来ました。心の中の苦悩や葛藤が、一気に外に漏れだす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    内容が濃い

    シゲちゃん 2021年06月09日

    中田敦彦のyoutube大学でオススメしていたので、漫画で読んだを
    中田さんが言っていた通り、
    さまざまなジャンルが入っており、
    恋愛、サスペンス、歴史、法廷、、、
    でも一番要素が大きかったのは、
    宗教についてだと思った。

    キリストが出てきて、
    許す許される話になり、
    神が作った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月09日

    中田敦彦のyoutube大学でオススメしていたので、漫画で読んだを
    中田さんが言っていた通り、
    さまざまなジャンルが入っており、
    恋愛、サスペンス、歴史、法廷、、、
    でも一番要素が大きかったのは、
    宗教についてだと思った。

    キリストが出てきて、
    許す許される話になり、
    神が作ったこの世界に対する、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    ロシアの代文学を漫画で。とっても読みやすく面白いですが、原作を知らないので、どれくらい違っているのかはわかりません。とはいえ面白いのは事実。ロシアの男性は、美しい女の人にとても弱い。そして女の人がとても純愛。ドストエフスキーの求める女性像なのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月21日

    原作はまだ読んでいないが、その練習?予習?として。ストーリーを知っとくのは大事そう。しかし、あの長さのものを1冊のマンガにしただけなのに、この面白さ…いよいよ小説にチャレンジするときが来たか、、

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月11日

    名作が1巻で読める手軽さがよかった。神の存在や良心、社会的立ち位置、恋愛など色々なテーマがあった。理解できたようなできないような感じで終わった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月13日

    原作に挫折しそうだったので漫画で読んでみた。
    ストーリーの大枠は掴めたけれど漫画でもなお難解だった。何度か反芻して理解を深めたいなと思う。
    印象に残ってるのはイワンの大審問官のシーン。冷静で知的なイワンが次第に発狂していくところがインパクトあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月06日

    長編サスペンス。
    今聞くとストーリーはありふれたものかもしれないが、当時は1866年で、まだ日本では薩長同盟が結ばれた頃。そのころの作品とすれば、かなり革新的だったのではないか。キリスト教への疑問を提示したり、当時の検閲が入る環境下を考慮するとすごい作品だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月15日

    漫画で読んでもむずい。
    ストーリー自体は理解できるんだけど、ドストエフスキーは何を伝えたかったのかいまいち理解出来てない気がする。
    宗教の知識、教養がないからかな?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

オリジナル の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング