おさるのまいにち

おさるのまいにち

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小さな島のさるたちの、のどかな毎日。ぼくはおさるです。毎朝起きるとおしっこをして、ごはんを食べて、遊んで、のみとりをして、ひるねして……あっ、うみがめのおじいさんが、およいできた!※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
どうわがいっぱい
電子版発売日
2017年09月15日
紙の本の発売
1991年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
41MB

おさるのまいにち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月04日

    ようちえんでかりた本。
    すきなとうじょうじんぶつは、おさると、かえると、かめ。
    さるたちがおしっこをしてるところがすき。
    すきなセリフは、「うん うん うん」。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月25日

    「どうわがいっぱい」シリーズ
    小学1年生から

    作者からみなさんへ
    まずはじめに、おおきなあくびをひとつ、してみようか。
    それから、ごろりとねっころがって、
    おしりをぽりぽり、かいてみるのもいいね。
    そうすれば、ほら、きみもおさるのなかまだよ。

    いとうひろしさんの「おさるの本」第1弾
    ゆる~い絵と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    【おさる】シリーズ1作目。南の島に住むおさる。このおさるの日常と、一年に1〜2回だけこの島に訪れる、海がめのおじいさんのお話。小さな島で退屈な日常を送るおさる達は、ウミガメのおじいさんが来て、旅の話をしてくれることを心待ちにしている。この話のスゴイところは、このウミガメのお話内容が出てこない所。だか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「ぼくは、おさるです。
     南の島に住んでいます。
     ぼくの住む島は
     とても小さいけれど
     森があります。
     山もあります。
     川もあります。…」

    おさるの住んでいる
    島の紹介から
    おさるの過ごす
    日常を説明しています。

    1年に1度か2度
    ウミガメのおじいさんが
    やってきて、
    いろいろなお話をし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月24日

    小学生の頃に大好きだった本の一つです。
    久しぶりに読み返しました。

    ぽつり ぽつりと呟くように始まり、
    自然と世界観に引き込まれていきました。

    ところどころシュールに感じるところもあり、読み返すとまた違った発見があっておもしろかったです。

    童心に戻るのもいいものですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月09日

    島で暮らすおさるさん
    おひさまがのぼると起きて、食べて、遊んで、毛づくろいして、夜になったら眠ります。
    年に何度か来る、旅するカメのおじいさんのお話が楽しみ。
    あ〜、うらやましい生活です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    仕事や学校生活に忙殺されていると
    こんなゆったりとした時間の流れに
    癒やされるんじゃないでしょうか。

    タイトル「おさるのまいにち」どおりに
    おさるの変わらぬ生活が流れるところは
    言葉の繰り返しの妙があり
    子どもは楽しいですね。

    年に一度の特別な時間も
    変に手が込んでいなくていいです。
    子どもはこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月20日

    かめのおじいさんが現れてはなしをきく。ほのぼの。
    小学生むけとなっているけれど幼児でもいける。

    C8393

    このレビューは参考になりましたか?

おさるシリーズ のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • おさるのまいにち
    990円(税込)
    小さな島のさるたちの、のどかな毎日。ぼくはおさるです。毎朝起きるとおしっこをして、ごはんを食べて、遊んで、のみとりをして、ひるねして……あっ、うみがめのおじいさんが、およいできた!※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使...
  • おさるはおさる
    990円(税込)
    好評「おさる」シリーズ第2弾!南の島にすむおさるの少年は、友だちも家族もみんなおさる。ある日、カニが耳をはさんではなれなくなりました。自分だけみんなとちがうなんて、いやですが……※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用でき...
  • おさるがおよぐ
    990円(税込)
    おさるの「ぼく」が初めて島をでてみると……海のむこうが見たくなったおさるの「ぼく」は、ある日沖に向かって泳ぎ始めました。広い海のまん中でぼくが見たのは、やっぱり広い広い海と広い広い空でした。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機...
  • おさるになるひ
    990円(税込)
    おさるの少年はもうすぐおにいちゃん。おさるのお母さんからはおさるの赤ちゃん。カエルの妹やウミガメの弟だったら面白いのに、と思うおさるですが……。兄になる責任感の芽生えを描きます。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用...
  • おさるのおうさま
    990円(税込)
    海岸に流れついたおさるのシンバル人形。おさるの少年はこの人形と友達になろうとしますが……。人づきあいのむずかしさと誠意をえがきます。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。
  • おさるのはまべ
    990円(税込)
    広い海のむこうには何があるんだろう?波のはじまりはどこだろう?おさるの少年の頭の中は突然、見慣れた海を不思議に思う気持ちでいっぱいになってきます。おさるシリーズ6作目。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。
  • おさるのもり
    990円(税込)
    おさるの少年が初めてのぼった木はどこ?自分が登った木なら、まだ木登りができない妹も登れるかも。その木はこの森のどこかにきっとあるはずなんだけど……。少年の優しさとおおらかさに心が温まる、シリーズ第7作。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照...
  • おさるのやま
    990円(税込)
    やまはいつでも、そこにある。おさるの島で、山はいつも、同じところにたっています。山は、ぼくらを見ながら何を考えているのかな?と思ったおさるの少年は、山にのぼってみることにしました。人気シリーズ第8作!※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照...
  • おさるのかわ
    990円(税込)
    おさるは、川でおじいちゃんとかえるを流して遊びます。おさるは思います。川はいつも同じだけど、水はつぎからつぎに、新しい水に入れかわっているんだ……。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。
  • おさるのよる
    1,100円(税込)
    「おさるシリーズ」は1991年の『おさるのまいにち』以来、20年間にわたって親しまれてきたロングセラーです。多くの賞も受賞し、非常に高い評価を得てきました。今回のテーマは「昼と夜」です。夜中に目覚めたおさるが、ふだん感じることのない夜の長さに気づきます。そして、実は自分がここにいるのが特別なことで、真っ暗でなにもないことが普通なのではないか…と、思索をひろげていきます。※この商品は紙の...
  • おさるのかくれんぼ
    1,320円(税込)
    「どうわがいっぱい」シリーズで人気の「おさる」の童話が絵本になりました。鬼の役でみんなをさがすおさるの少年。静まり帰った森はちょっぴりこわいけれど、ちょっぴり こわいのが かくれんぼのおもしろさです。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引...
  • おさるのおいかけっこ
    1,320円(税込)
    ぼくたちは、みんなおさるなので、ときどき、誰が誰だかわからなくなることがあります。ある日、ぼくがカエルを追いかけていると誰かが追いかけてきて…… 。ぐるぐる ぐるぐる おいかけたり おいかけられたり、おいかけっこはふしぎです。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイラ...
  • おさるのまねっこ
    1,320円(税込)
    ぴょん ぴょん ぴょーん にょろ にょろ にょろり。いろんなものに なれるから まねっこあそびはたのしいです。ときどきおさる以外のものになりたくなるおさるは、カエルや草木などの真似をしていろんなものになります。最後はおさるの真似をして、いつもの自分に戻ります。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています