巨大外資銀行

巨大外資銀行

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

邦銀から米系投資銀行に転職した西田。大手医薬品メーカー同士の対等合併という大型案件に挑むが――外資の詐欺的商法に日本経済が蹂躙される実態を明かす。ベストセラー『小説 ザ・外資』を改題した新装版。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

巨大外資銀行 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月02日

    8年ほど前に読んでいた、ザ・外資が改題されていた。続編が出ていたので、それを読む前に再読。
    当時、感動した事を覚えている。多分かなり事実を元に書かれていてリアル感が半端なかった。今回再読してもその感じ方は変わらなかった。さあ、続編を読もう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月06日

    ひさしぶりに高杉さんの小説を読んだけど、やっぱり面白いし勉強になる!

    しかし、ゴールドマンサックスにそんなことをされていたとは全然知らなかった。
    自分含めて、日本人はもっと賢くならねば。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月08日

    東大経済⇒長銀⇒ハーバードMBA⇒GS(VP)⇒中小証券会社⇒製薬会社(ラストは上級取締役)といったエリートキャリアを送る主人公。
    転職を繰り返してステップアップする点や、コンプライアンスに問題があると思えば入社後、間もなくても退職する点は、これぞ米国エリート、といった感じか。
    プライベートでは、ヒ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています