少年の残響(1)
  • 完結

少年の残響(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アウゲンブリック少年合唱団。かつては孤児院、今では子供たちに勉強と合唱を教えるギムナジウム。彼らの歌声は、人々へ捧げられる癒やしの調べ。しかしその歌にはもう一つの意味があった、それは――。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年シリウス
電子版発売日
2017年05月09日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
73MB

少年の残響(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    (匿名) 2020年10月01日

    なんの予備知識もなく、ふと読んでみたのですが、非常に良かったです。
    絵も綺麗で登場人物たちの関係性も素敵。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    La traviata

    いち 2020年03月26日

    カルルのお話が一番好きです。
    物語全編を通して洗脳(合唱)の恐ろしさと怖さ、そして少年の今にも消えそうな儚さと成長と共に出てくる強さがとても美しかったです。
    作者さんのあとがきも大好き笑

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    めい 2020年09月28日

    普通に少年合唱団の少年たちの話かと
    思って読んでいたら実は暗殺者の集団で、
    歌はそのストレスから解放するためのもので
    びっくりしたけど絵が綺麗なのでサラッと読めた

    このレビューは参考になりましたか?

少年の残響 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 少年の残響(1)
    完結
    660円(税込)
    アウゲンブリック少年合唱団。かつては孤児院、今では子供たちに勉強と合唱を教えるギムナジウム。彼らの歌声は、人々へ捧げられる癒やしの調べ。しかしその歌にはもう一つの意味があった、それは――。
  • 少年の残響(2)
    完結
    660円(税込)
    ルームメイトの粗雑さに心かき乱される者、下級生思いの上級生、厳しい先生、飄々とした転入生……。少年たちは、刹那と永遠の間にあるものが成長であるとまだ知らない――。
  • 少年の残響(3)
    完結
    660円(税込)
    「キスしたら なにかわかるのかなあ」アウゲンブリック少年合唱団。かつては孤児院、今では少年たちに勉強と合唱を教える寄宿学校。いつ死ぬかもわからない見せかけの平穏。痛みを忘れて手に入れた上辺だけの幸せ。閉ざされた世界の中でその小さな身体に宿ったまだ名前もない感情、それはーー。
  • 少年の残響(4)
    完結
    660円(税込)
    Twitterで延べ26万RT!! 「女の子のような見た目の少年の話」として話題になった ギムジナウムで暮らす少年たちの物語、堂々完結。 「どうすれば ぼくだけを見てくれますか?」 アウゲンブリック少年合唱団。かつては孤児院、 今では少年たちに勉強と合唱を教える寄宿学校。 クリスに拒絶され歪んでしまったミヒャエルの心は闇に。 子供たちへの向き合い方を見失ってしまったクリスもまた。 教師と生徒...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています