龍狼伝 王霸立国編(1)

龍狼伝 王霸立国編(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

西暦二一〇年十一月、真澄の救出に向かう道中の山村で、五虎神の一人・白冥虎の仕掛けた毒で倒れるも『真諦(ヂュンディ)』の"治癒の力"で、九死に一生を得た志狼。一方、皇軍六十万対曹軍十万の全面戦争は、献帝を奪われた皇軍の敗走で幕が下りた。許都に帰還した皇軍は、丞相"仲達"が失踪する中、曹軍のさらなる追撃を恐れ今後の方針を巡って熱い議論を交わすのだった。帝の救出を巡り、新たな戦いの幕が開ける……!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年マガジン
シリーズ
龍狼伝シリーズ
電子版発売日
2017年03月17日
紙の本の発売
2017年03月
サイズ(目安)
96MB

新刊オート購入

龍狼伝 王霸立国編(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    龍狼伝

    てつや 2021年06月20日

    長い漫画ですが、ずっと前からお気に入りです。

    このレビューは参考になりましたか?

龍狼伝 王霸立国編 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 龍狼伝 王霸立国編(1)
    西暦二一〇年十一月、真澄の救出に向かう道中の山村で、五虎神の一人・白冥虎の仕掛けた毒で倒れるも『真諦(ヂュンディ)』の"治癒の力"で、九死に一生を得た志狼。一方、皇軍六十万対曹軍十万の全面戦争は、献帝を奪われた皇軍の敗走で幕が下りた。許都に帰還した皇軍は、丞相"仲達"が失踪する中、曹軍のさらなる追撃を恐れ今後の方針を巡って熱い議論を交わすのだった。帝の救出を巡り、新たな戦いの幕が開ける……!!
  • 龍狼伝 王霸立国編(2)
    自らの国作りのため「竜の子が死んだ」と噂を広め、姿を隠した志狼。神山での竜騎兵との厳しい修業を経て、辿り着いた新野の地で待っていたのは新たな"竜の子"だった・・・・!? 一方、許都では竜娘娘(真澄)を皇帝に即位させるべく、"水徳党"と名乗る一団が暗躍、また真澄自身にも邪仙・大幻(ダーファン)の魔の手が伸びようとしていた。不穏な空気が充満する中、真澄は――!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(3)
    都で竜娘娘(真澄)を皇帝に即位させるべく"水徳党"と名乗る一団が暗躍する中、「帝への謀反の嫌疑」で幽閉されてしまった真澄。一方、国作りのため新野の地を訪れた志狼は、"竜の巫女"ソフィアの正体を探るべく再び動き出した。"異能の力"から『神の聖杯(エリクシール)』と名乗る暗殺団から命を狙われたソフィア。"竜の巫女"を守るため『神の聖杯(エリクシール)』と、たった一人で闘うことを決意した志狼だが!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(4)
    自らの国作りのため荊州・新野を訪れた志狼は"竜の巫女"ソフィアを救うべく、異能の暗殺団『神の聖杯(エリクシール)』に戦いを挑む。窮地におちいる中、前世の記憶『破凰』ガザンの人格を取り込み、圧倒的な力で敵を倒していく志狼だったが、首領(ドミヌス)の"念動力"により、心臓を握り潰されてしまうのだった。最強の『破凰』の力を持ってしても倒せぬ強敵に打つ手は・・・・!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(5)
    中学の修学旅行で中国に向かった志狼は、幼なじみの泉真澄と共に、突如現れた巨大な竜によって西暦207年の荊州・新野にタイムスリップしてしまう。そこは乱世の群雄が“覇”を競う『三国志』の時代……。“竜の子”として劉備軍の軍師になり、自分が乱世に終止符を打てる『天運』の相の持ち主と知った志狼は、滅びをもたらす『破凰』の相の持ち主“仲達”を倒すことが、自分に与えられた使命と考え、戦うことを決意する。志狼を待ち受けるのは「長坂坡の戦い」「赤壁の戦い」――数々の戦場! そして、『三国志』の歴史が変わる!? 許都で幽閉された「竜娘娘(真澄)救出」を名目に八万の軍を率いて出陣した曹操。同じ頃“仲達”もまた、曹操を討つべく呉の孫権を動かすのだった。一方、国作りのため荊州・新野を訪れた志狼は、異能の暗殺団『神の聖杯(エリクシール)』から“竜の巫女”ソフィアを助け出す。真澄を救うため蓮花(レンファ)と共に都へ向かった志狼は、街を襲う“水徳党”の一団と遭遇するが・・・・!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(6)
    中学の修学旅行で中国に向かった志狼は、幼なじみの泉真澄と共に、突如現れた巨大な竜によって西暦207年の荊州・新野にタイムスリップしてしまう。そこは乱世の群雄が“覇”を競う『三国志』の時代……。“竜の子”として劉備軍の軍師になり、自分が乱世に終止符を打てる『天運』の相の持ち主と知った志狼は、滅びをもたらす『破凰』の相の持ち主“仲達”を倒すことが、自分に与えられた使命と考え、戦うことを決意する。志狼を待ち受けるのは「長坂坡の戦い」「赤壁の戦い」――数々の戦場! そして、『三国志』の歴史が変わる!? 各地で蜂起した“水徳党”を吸収し、二十万の軍勢となった曹操軍が許都を目指す中、洛陽への遷都を決めた皇軍。一方、皇軍にいる真澄を救うべく蓮花(レンファ)と共に都へと急ぐ志狼は“竜の巫女”ソフィアをめぐり、かつて戦った異能の暗殺団『神の聖杯(エリクシール)』と出会うのだった。首領(ドミヌス)から「竜娘娘(真澄)が、猛将・馬超から命を狙われている」と告げられた志狼だが・・・・!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(7)
    皇軍内から竜娘娘(真澄)を救出し、船で脱出した劉備軍・関平だが、竜娘娘への復讐に燃える猛将・馬超の船団に捕らえられてしまう。一方、真澄と関平を逃がすため、邪仙・大幻(ダーファン)に一人立ち向かった『竜騎兵』焦先。大幻の圧倒的な力に追い詰められるも駆けつけた志狼達に救われる。焦先に代わり、大幻に挑む志狼。完成した“実の拳”で打ち破れるか!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています