龍狼伝 中原繚乱編(1)
  • 完結

龍狼伝 中原繚乱編(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新シリーズスタート!! 『龍狼伝』から『龍狼伝 中原繚乱編』へ! 新たな『三国志』の歴史が動き出す!! 中原(ちゅうげん)に集いし竜と英傑! 曹操(そうそう)軍VS周瑜(しゅうゆ)軍、全面対決!! ――現代から西暦207年の荊州(けいしゅう)にタイムスリップした志狼(しろう)は、数々の戦場で“竜の子”として成長する。時は流れ西暦210年、南荊州の牧・劉キ(りゅうき)の病没を機に呉(ご)の荊州侵攻作戦が始まった!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年マガジン
シリーズ
龍狼伝シリーズ
電子版発売日
2013年01月11日
紙の本の発売
2007年08月
サイズ(目安)
97MB

龍狼伝 中原繚乱編(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    終わらない漫画

    砂肝 2022年01月30日

    私が小学生?中学生?頃から連載している漫画です。
    内容は面白いのだけど終わりが全く見えない。
    竜の子が最終的にどうなってしまうのか結末がきになります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    龍狼伝の新シリーズの第一巻です。やっと「龍の軍師」と呼ばれる働きをしてくれるようです。(一気に西南将軍に昇進してますがw)私としては、また面白くなってきた…という感じです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    三国志の時代と人物を借用

    じゃがいも 2021年04月02日

    三国志の世界を舞台としているがかなり改変が目立つ。効果的な改変ならともかく あれっと思わせるような違和感あるシーンも多い。そういう意味で三国志の時代と人物を借用した独自作品 といえる。それならそれでいいのだが、肝心の絵柄やストーリー展開に心惹かれるものが少ない。残念な作品である。

    このレビューは参考になりましたか?

龍狼伝 中原繚乱編 のシリーズ作品 全17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~17件目 / 17件
  • 龍狼伝 中原繚乱編(1)
    完結
    新シリーズスタート!! 『龍狼伝』から『龍狼伝 中原繚乱編』へ! 新たな『三国志』の歴史が動き出す!! 中原(ちゅうげん)に集いし竜と英傑! 曹操(そうそう)軍VS周瑜(しゅうゆ)軍、全面対決!! ――現代から西暦207年の荊州(けいしゅう)にタイムスリップした志狼(しろう)は、数々の戦場で“竜の子”として成長する。時は流れ西暦210年、南荊州の牧・劉キ(りゅうき)の病没を機に呉(ご)の荊州侵攻作戦が始まった!!
  • 龍狼伝 中原繚乱編(2)
    完結
    呉(ご)軍随一の智将・周瑜(しゅうゆ)によって、南荊州(けいしゅう)を奪われ、江陵(こうりょう)を攻め落とされた曹操(そうそう)軍。軍の再編を企図し、襄陽(じょうよう)に退いた志狼(しろう)達だったが、江陵と襄陽を結ぶ拠点・当陽(とうよう)県での呉兵による虐殺を聞き、精鋭300騎を集めた『竜騎(りゅうき)兵』と共に出陣を決意する。一方、病気の母を看病するため、当陽県に滞在していたホウ統達。非道なる暴徒からホウ統達を救えるか!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(3)
    完結
    曹操(そうそう)軍の精鋭300騎を集めた『竜騎(りゅうき)兵』の活躍により、当陽(とうよう)県における緒戦で優位にたった志狼(しろう)達。しかし、名将・陸遜(りくそん)率いる5000の大軍を前に押され始め、ついに城門を突破されてしまう。圧倒的な“武”を誇る『竜騎兵』だったが、その体力も限界へと近づいていた。300対5000という劣勢の中、軍師・ホウ統のたてた「計略」に全ての運命が託された!!
  • 龍狼伝 中原繚乱編(4)
    完結
    呉(ご)の進軍経路において、曹操(そうそう)軍の本陣・襄陽(じょうよう)までの最後の要衝となる宜城(ぎじょう)に入った志狼(しろう)達。智将・周瑜(しゅうゆ)率いる10万を超える呉軍本陣に対抗するため決戦の準備を進めるが、『竜騎兵』と共に宜城を守る正規兵は、わずか6000! 襄陽からの援軍もなく、宜城に集まった義勇兵すら襄陽の防備に回してしまう中、決戦を前に志狼から意外な“提案”が……!!
  • 龍狼伝 中原繚乱編(5)
    完結
    呉(ご)軍随一の智将・周瑜(しゅうゆ)に和睦を申し出た志狼だったが、和平への願いも空しく、会談は決裂。宜城(ぎじょう)に籠城を続ける志狼(しろう)率いる6000の曹(そう)軍と周瑜率いる10万を超える呉軍との決戦が始まった。溝と竜騎兵による火計――二段構えの策で、呉の攻城兵器「井闌(せいらん)」部隊を撤退させた志狼。緒戦を優位に進めるも、志狼を狙う“仲達(ちゅうたつ)”の刺客・ライが暗躍せんと……!!
  • 龍狼伝 中原繚乱編(6)
    完結
    宜城(ぎじょう)で持久戦を成功させ、曹操(そうそう)軍の本陣・襄陽(じょうよう)城へと戻った志狼(しろう)達。智将・周瑜(しゅうゆ)率いる十万を超える呉軍との最終決戦に向け、準備を急ぐ。一方、志狼が死闘の末に捕虜にした“仲達(ちゅうたつ)”からの刺客・ライ――志狼と同じく『天運』の相を持つ彼の正体は、ランの兄であり、かの呂布(りょふ)の子であった! 三国志最強の武将の遺児2人、その邂逅がもたらすものは!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(7)
    完結
    辿り着いた“武の境地”! 竜の子・志狼(しろう) 対 武神・甘寧(かんねい)、血戦!! 呉(ご)の猛攻に志狼が放つ“策”とは!? ――呉の隠密部隊『陰兵』の潜入を許してしまった曹操(そうそう)軍。制圧された西門を奪還すべく、志狼と竜騎兵が駆けつけるも、その前に立ち塞がるのは呉軍最強の猛将・甘寧と500の精兵! 10万の呉軍本陣が襄陽(じょうよう)城に迫る中、城門を閉じるために甘寧との“一騎討ち”を決意する志狼だが……!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(8)
    完結
    荊(けい)州の覇権を懸けた闘い――第二幕が今、始まる!! 皇帝による「竜の軍師」討伐への軍備が進む中、もう一人の“竜の子”真澄(ますみ)が見据える未来とは!? ――志狼(しろう)が猛将・甘寧(かんねい)との戦いで時間を稼いだ一方で、ホウ統(ほうとう)の策により堀橋を焼き落とし、城内に侵入した2000の騎兵を本陣から孤立させることに成功した曹操軍。騎兵の降伏で、戦いを終結した両陣営は……!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(9)
    完結
    志狼(しろう)率いる曹操(そうそう)軍が周瑜(しゅうゆ)率いる呉(ご)軍に襄陽(じょうよう)城で勝利をおさめた頃、許都(きょと)では帝が次なる戦に向けて軍備を進めていた。諸将からの信を得るべく「人食い魔獣」と恐れられる大虎と闘う決意をした帝。一方、帝の身を案じる真澄(ますみ)は、決闘を前に『密書』を劉備(りゅうび)と関羽(かんう)に届けていた。決闘が始まり、大虎の猛攻で帝は左肩を負傷。圧倒的な野生の力を前に勝機は!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(10)
    完結
    人食いの大虎との決闘に勝利し、諸将からの信を得た帝。すべての軍備を整え、丞相“仲達(ちゅうたつ)”と共に曹操(そうそう)軍本陣に向けて進軍を開始する。一方、周瑜(しゅうゆ)率いる呉(ご)軍とのにらみ合いが続く襄陽(じょうよう)城では、志狼(しろう)が新たな策に。呉の補給基地を攻撃すべく、少数の兵のみで果敢に敵陣へと潜入する志狼。その狙いは呉軍の士気を奪い、撤退へと導くことだった。だが、その前にもう一人の『天運』ライが現れて……!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(11)
    完結
    周瑜(しゅうゆ)率いる呉(ご)軍とのにらみ合いが続く襄陽(じょうよう)城から、新たな策に出る志狼(しろう)。呉軍を撤退させるため、その補給基地を攻撃すべく潜入を果たすも、別働隊に伝令に向かった豹(ひょう)が捕まり、策は漏洩。もう一人の『天運』ライが立ち塞がるのだった。ライの“至高の拳”に防戦一方になる中、闘仙(とうせん)術奥義“念体”を放つ志狼だが、ライに見切られ、さらなる窮地に……!!
  • 龍狼伝 中原繚乱編(12)
    完結
    志狼(しろう)の前に立ち塞がった、もう一人の『天運』ライ。奥義“念体”を会得され、追い詰められた志狼だが、死闘の末ついに勝利する。しかし、駆けつけた周瑜(しゅうゆ)率いる呉(ご)軍に包囲され、再び窮地に! 妹を傷つけられた怒りで我を失ったライの“念体”は呉軍を圧倒するが、その体は限界に達しようとしていた。仲間達の脱出する時間を稼ぐため、捨て身の作戦に出る志狼だが……!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(13)
    完結
    戦場にいる真澄(ますみ)を救い出すため、襄陽(じょうよう)城を離れることを決意した志狼(しろう)。離叛を咎める「竜騎兵」副将・呂烈(りょれつ)から勝負を挑まれるが、これに勝利。さらにすべての「竜騎兵」と闘うことで、兵達の抱く不満を解消するのだった。時は流れ、志狼が離城した七日後、周瑜(しゅうゆ)率いる呉軍に寝返るべく現れた襄陽の義勇兵。決戦を目前に控えた曹軍に、一体何が……!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(14)
    完結
    西暦210年11月、志狼(しろう)が不在の襄陽(じょうよう)城で、ホウ統率いる曹軍一万対周瑜(しゅうゆ)率いる呉軍十万による攻防戦が始まった。緒戦を優位に進め、城内に侵入した呉軍だったが、ホウ統の“大火計”により戦況は逆転。呉軍は三分の二以上の兵を失い、さらに手薄になった呉軍本陣に『竜騎兵』を含む別働隊が急襲するのだった。呉軍の大敗で戦争が終結する中、勝利した曹軍にも犠牲者が……!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(15)
    完結
    西暦二一〇年十一月、献帝率いる皇軍六十万は丞相"仲達"と共に曹操討伐への進軍を開始。曹軍の関城を次々に破り、曹軍十万との決戦の時を目前にしていた。一方、皇軍にいる真澄の下へ急ぐため、襄陽城を一人離れた志狼は、道中の山村で竜娘娘のかつての侍女・美芳(メイファン)と出会う。夫を人質に取られた美芳に毒を飲まされてしまった志狼。体の自由が奪われる中、五虎神の一人・白冥虎が立ち塞がり……!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(16)
    完結
    西暦210年11月、献帝率いる皇軍六十万対曹操率いる曹軍十万の全面戦争は、丞相"仲達"が鍛えし精鋭「虎豹騎」一万の先陣に対し、曹軍は火計で対抗。さらに皇軍本陣の背後からは、夏侯惇・関羽・張飛ら曹軍の伏兵が奇襲を仕掛けるのだった。一方、秘めた力を解放し、『真諦(ヂュンディ)』と名乗る龍の人格に変わった真澄は、五虎神の一人・鳳凰(青龍)から帝と共に命を狙われてしまう。"不死の鳳凰"を相手に勝機は!?
  • 龍狼伝 中原繚乱編(17)
    完結
    西暦二一〇年十一月、皇軍六十万対曹軍十万の全面戦争は、前線で丞相"仲達"と猛将・許チョが激突する中、皇軍本陣の背後では夏侯惇・関羽ら曹軍の伏兵が、奇襲を仕掛けていた。一方、龍の人格『真諦(ヂュンディ)』に変わった真澄は、帝の命を狙う"仲達"の策略を見抜き、帝を関羽達に届けるも、五虎神の一人・鳳凰(青龍)に倒されてしまう。真澄の窮地を救うため、駆け付けた張飛。鳳凰の"不死の力"に対抗する術は……!?

龍狼伝 中原繚乱編 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

月刊少年マガジン の最新刊

無料で読める 少年マンガ

少年マンガ ランキング