文学処女 9巻
  • 最新刊

文学処女 9巻

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「これが、一番誰も傷つかない選択」かつての婚約者の死と向き合う決意をして、小説の執筆を再開した加賀屋。一方、鹿子は望月との交際で前に進もうとするが、鶴賀と加賀屋の血縁関係が世間に知られることとなり、大きく心を揺さぶられてしまう…。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
LINE Digital Frontier
掲載誌・レーベル
LINEマンガ
ページ数
192ページ
電子版発売日
2021年01月15日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
145MB
  • ドラマ化

    「文学処女」

    2018年9月11日~ TBS系
    出演:森川葵、城田優、中尾暢樹

新刊オート購入

文学処女 9巻 のユーザーレビュー

    購入済み

    Σ⊙▃⊙川

    2021年02月10日

    お願い
    望月をこれ以上悲しませないで
    これからも2人でいてほしい
    もう先生はいいから

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    もっちー

    ゆうこりん 2021年01月17日

    ついに、どうなの??結ばれちゃうの??それとも涙するかのこちゃんに気づいてもっちーがやめる、かな??うぅ、早く続きが読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    忘れるための恋

    ここあ 2021年01月16日

    望月くんが可哀想すぎる!本当に好きな人がいるから絶対うまくいかないのに、彼のために自分の気持ちに蓋をして彼の気持ちに答えようとする主人公がいじらしい。過去の先生との恋人主人公の関係の片鱗にも触れられて、先生も本気で書くと決心し、主人公も望月くんとの関係をもう一歩進めようとし…。いくつもの伏線が物語に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

文学処女 のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 文学処女 1巻
    550円(税込)
    恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。 文芸編集部の月白鹿子は、未だ本当の恋も、男も知らない。しかし、ひとまわり以上も年上の人気小説家・加賀屋朔の担当編集になったことで、はじめて欲を自覚していき… 【コミックス限定】望月と鹿子の出会いを描いた番外編14ページ収録
  • 文学処女 2巻
    550円(税込)
    この気持ちは、恋なのでしょうか? 芽生えた思いに誘われるように、加賀屋の自宅を訪ねる鹿子。 そしてーー 月白鹿子、加賀屋朔、望月千広。三人の男女が織りなす、遅先の恋の話、第2集。
  • 文学処女 3巻
    550円(税込)
    イニシエーション・・・次への・・・本物の恋への通過儀礼だよ 鹿子の気持ちを突き放す加賀屋の言葉。 それは本心なのか、それともーー 加賀屋と元恋人・千夜香の過去が明かされる、悲しく切ない、愛の第3集。【コミックス限定収録】暁里の描き下ろし番外エピソード
  • 文学処女 4巻
    550円(税込)
    「私は加賀屋先生にとってなんなのか」 担当としても、女としても思い悩む鹿子。 取材の仕事でやっと加賀屋に会えたものの、 そこで衝撃の事実を聞いてしまう。 鹿子に過去を知られてしまった加賀屋は- 加賀屋のベールが脱がされる、 恋と悲哀の第4集。
  • 文学処女 5巻
    550円(税込)
    過去を知られそうになった加賀屋は、 鹿子を突き放してしまう。 呆然と立ち尽くす彼女のもとに駆けつける望月。 同期・七星が機転を利かせたことで、 二人の距離が一気に縮まってーー
  • 文学処女 6巻
    550円(税込)
    「愛は相手の欠点を受け入れる事よ」 加賀屋に影を落とす喪った恋人との経緯、 そして自らの想いを語る光稀。 愛することを問われた鹿子が、 加賀屋のために光稀へ託した事とは━━? 断ち切れない愛と恋が綴られる第6集。
  • 文学処女 7巻
    704円(税込)
    「俺は…誰も愛せない」 満月の夜、自身の胸の内を打ち明ける加賀屋。かつての恋人・千夜香の幻影を今も追う悲しき告白に、鹿子が出した答えとは―― 過去に囚われた悲恋が慟哭する、第7集。
  • 文学処女 8巻
    704円(税込)
    「さよなら先生…」小説家・加賀屋の書きかけの原稿用紙に燻り続ける、亡き婚約者への悔悟の念。彼を愛することは、苦しめることなのか…? 夜空に大輪の花火が咲き誇る中、鹿子はひとつの決断を下す——。一方、同僚の望月との関係には思いがけぬ進展が…!?描き下ろし短編「恋と断捨離」「ハイスペック男子」2編収録。
  • 文学処女 9巻
    704円(税込)
    「これが、一番誰も傷つかない選択」かつての婚約者の死と向き合う決意をして、小説の執筆を再開した加賀屋。一方、鹿子は望月との交際で前に進もうとするが、鶴賀と加賀屋の血縁関係が世間に知られることとなり、大きく心を揺さぶられてしまう…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています