誰も教えてくれない人を動かす文章術

誰も教えてくれない人を動かす文章術

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

企画書・稟議書・謝罪文・始末書から小論文・就活の自己アピール文・伝わるメールの書き方まで、具体的に紹介。簡単で確実、「書く技術」を身につける方法ネタは自分で考えない。ゴールは一つに絞る。発問力を忘れない。当たり前のことは言わない覚悟を持つ。要点は3つにまとめる……。誰でも簡単に書ける文章のコツを伝授!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2016年08月26日
紙の本の発売
2010年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

誰も教えてくれない人を動かす文章術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年08月17日

    エッセイや読書感想文を書くのがなぜ苦手だったのか、やっと自分の中で整理ができた。高校生の頃にこの本に出会えていたなら。恐らくこれ以上わかりやすい文章術はないのではないかと思える一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月11日

    4月11日完読。
    とてもわかりやすく、ためになる話ばかりでした。さすが斎藤さん、という感じ。

    小論文を書く、そんな時期ではあるので受験生のみなさんにはお勧めです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月19日

    4.8
    第四章が非常にためになった。「気づき」については文章の書き方としてだけでなく、創作活動全般に対して言えるのではないか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月08日

    読書術からの作者読み!

    かの本より平易な文章と言うイメージ
    趣味で読んでたけどちょうど小論文についてがあったので、もうすぐ受験生の私はラッキーな気分になりました!

    一人弁証法はいつか取り入れてみたいと思ってます♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月24日

    文書を書くプロセスがわかりやすーく細かく書いてあった。
    ビジネス文書、小論文、読書感想文、エッセイなど、文章の種類ごとに斎藤さん流のコツを伝授してくれる。
    視点を持つこと、無理やりでも論理をつなげることが大事なのね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月22日

    あんまり教えてくれない内容。
    個人的にドンピシャ。
    エッセイ書いてみようかなって思わせられました。

    「凡庸は恥」。
    独自の視点で物事を見ようと思わされました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月28日

    冒頭でがっつりヤラれました。

    文章は何のために書くのか?
    この答えは様々にあるかと思いますが、本書で設定している答えは、これです。

    文章は、ひとを動かすために書く!

    言葉には人の心に働きかけ、動かす力
    があります。

    言霊って、本当にあるんだなっていう思う瞬間って結構日常にあったりします。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月21日

    文章を書く目的は、自分を表現する、と言うのでは曖昧すぎる。
    「私は、ものの見方を変える文章こそが、意味のある文章だと思っています」p.20
    それがどんなシチュエーションにおける文章であっても、新しい視点を与えるものでなければ価値は得られない。

    ……新しさとは何か。どうすればそれを得られるか。
    「独...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月14日

    ブログ執筆の際に「読んでもらえる」「読んで面白い」ブログを書くためのちょっとしたテクニックとして参考になりそう。

    メールのテクニックは敷居が高そうですな。。。
    相手との距離を推し量ってるからだめなのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    第2章は、ブログを書き続けている人へ向けての、応援歌の章のように思った。ネタ出し、タイトル決め、視点の工夫など、ブログを書き続けるためのノウハウと共通するものがあると感じた。
    著者の濃淡読みというのも興味を引いた、単なる速読でない、スピードを変えた読み方は、自分と似ていて、励みになった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています