駐在刑事

駐在刑事

作者名 :
通常価格 712円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

捜査一課を出された刑事が挑む警察捜査小説警視庁捜査一課から青梅警察署水根駐在所長に。取り調べ中の容疑者の自殺で左遷された江波敦史警部補。組織から裏切られた彼は、自らを取り戻すための捜査する!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年06月17日
紙の本の発売
2009年09月
コンテンツ形式
EPUB
  • ドラマ化

    「駐在刑事」

    2018年10月19日~ テレ東系
    出演:寺島進、黒木瞳、北村有起哉

関連タグ:

「駐在刑事」のユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年07月02日

笹本稜平作品にしては、小さい小説である。
でも小さいなりに凄くいい。

事件は駐在所が絡む程度の事件だし、主人公は中央での競争に敗れて地方に落ちた警察官僚、登場人物たちも分かりやすくデフォルメされた性格で、舞台はほぼ奥多摩の山か里起こる手の届き感。

これ、笹本小説を期待するから拍子抜けするけど、系...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月25日

警察小説と山岳小説のハイブリッド。
奥多摩の山に登り、北アルプスが好きならはまること間違いなし。
あり程度、山の知識があるとより楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月16日

落ち着いた警察小説。派手さは一切有りませんが自然の美しさがあります。地域社会のつながりも温かいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月08日

「秋のトリコロール」を読み終えたとき、心が震えた。
あとがきに「人にとって幸福とはなんだろう、希望とはなんだろうー。そんな問いに対する答えをおぼろげにでも感じとってもらえればという願いが、この作品を書き続けるうえでの動機でもあった」
とある。おぼろげながら感じられたと思う。読み終わった時、とても温か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月19日

面白かった。山岳+警察(+途中から犬)。派手さはない。むしろ地味。でも、うるっ・ドキッ・ハラハラ、色々なお話が詰まってた。「茶色い放物線」「秋のトリコロール」が特に良かった。
主人公の元上司が笑える。なぜだかこの人が登場するシーンだけコメディみたい(笑)

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「駐在刑事」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!